【LL】流行しそうなのでちょっと対策考えてみる

現在環境に頭角を現しだした【LL】主に良好なシナジーを形成する【鉄獣戦線】とタッグを組んでいますね。

特にナーベルとはレベル・属性・種族までが一致するので相性バツグンですな。

そんな【LL】の対策を自分なりにちょちょっと考えてみました。

スポンサーリンク

展開型デッキならニビル・しかし貫通される事も

展開型デッキなのでニビルが有効打になりそうなのがセオリーですが、召喚権を使わずに未来龍皇ホープやアポロウーサなどのモンスター効果無効を目指すのでニビルを投げた後から召喚権を使って展開が続く、といった感じですね。

当然ニビルが無力ではありませんが、貫通される事は視野に入れておくべきですかね。モンスター効果無効が出てきたらもうアウトですからね…

ならば増G・展開型にはやはり効きそう

《増殖するG》はかなりの効果がありそうです。ただし対処札も多い世の中なので通る可能性が低めなのが辛い所ですね。

スポンサーリンク

盤面が出来上がった後どうするか

各種妨害ができず盤面が出来上がった場合の対処。後手後手に回る&LLの最終盤面はかなり堅いので並のカードでは難しそうです。

《ラーの翼神竜-球体形》

展開デッキが流行ったら現れる問答無用の3体リリース。未来龍皇・ロビン・アーゼウスといった制圧カードをまとめてリリースするのは合理的かと思われます。今後の流行やメタ次第ではサイドに入れたくなるかもですね。

《禁じられた一滴》

11期登場のリーサル・ウェポン。効果無効+打点半減+チェーン不可で無力化し、突破したい所ですね。

メインデッキから入れるのも全然アリかつ他のデッキに対しても強いのが非常に良き力です。

《無限泡影》+《サンダー・ボルト》or《ライトニング・ストーム》

《無限泡影》で未来龍皇の耐性をスナイプしてサンボル・ライストで流してしまうプラン。

《王神鳥シムルグ》による耐性は自身とリンク先の鳥獣に対象耐性なので全除去にて流す事ができます。

なんやかんやでアンサーはそれなりにありますね。対策するならお好みで選択って感じです。

コメント