PR

遊戯王買取相場・再録が決まっても値崩れしない「増G」「うらら」・粛声関連カードが強化買取

記事内に広告が含まれています。

遊戯王OCGの買取相場、年末箱「クォーターセンチュリーデュエリストボックス」での再録が決定した「増G」と「うらら」いわゆる必須系の手札誘発カードですが、再録が決まっても買取価格は微動だにしていませんね。

箱の単価や供給量を考えるとまぁたしかにそれほど下がりそうにないですかね?

新規も登場する【粛声】と相性の良いカードの需要が高まり、強化買取されています。

スポンサーリンク

必須系カード・再録が決まっても値崩れせず

これらを採用してからデッキを組むと言っても過言ではない汎用必須系カード。

《灰流うらら》と《増殖するG》は年末箱「クォーターセンチュリーデュエリストボックス」での再録が決定していますが、それによる流通量の増加は供給を完全に満たすほどではなさそうです、いくら再録しても足りてませんからね。

レアコレでも再録して供給を大幅に引き上げる事も予想されますが、そこはどうなるか未知数。

これら2枚のカードは年末に再録が決定しながらもやはり価格を維持しており《灰流うらら》が大体800円買取、《増殖するG》が700円買取となっています。

これらを3枚ずつ入れる所からデッキ構築を始める…となるとやはり出費としては手痛いですねぇ…ある種壁になっている形ですね。

制限カードである《抹殺の指名者》や準制限の《墓穴の指名者》といった手札誘発に対抗するカードは規制済みなのもあって多少落ち着いており、買取価格は300円台となっています。

《無限泡影》もストラクチャーデッキでの再録があり350円買取くらいに落ち着いていますが、またしばらくするとジワ騰がりするかもしれませんね。

話題のカード達・粛声の人気はまだ上がりそう

宣告者の神巫

今丁度ホットなカード達、《宣告者の神巫》が600円買取、供給のあるコミック付録なのでなんとか落ち着いていますね、やはり【粛声】デッキだととても頼りになる1枚。

同じく【粛声】で除外など厳しい効果からエスケープできる《トリアス・ヒエラルキア》が100円買取、あるととても便利なカードです。

《氷水帝エジル・ラーン》が400円買取に、こちらは【氷結界】にて召喚権を使わずに動き出せるのが魅力の1枚。

また新規登場で需要が上がっている《破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ》が200円買取、再録されてなかったら結構凄い事になってそうでしたね。

コメント