PR

遊戯王OCG「2024/1」リミットレギュレーション発表・感想戦・イヴや大嵐が緩和

記事内に広告が含まれています。

遊戯王OCGでの2024年1月に適用されるリミットレギュレーション改訂が発表されました。

今回禁止カードがあるかどうかは個人的に微妙でしたがシンクロギミックで多用されている《赤き竜》から「カラミティ」というのが許されませんでしたね。

緩和からは「イヴ」と「大嵐」の緩和は結構意外でした。

スポンサーリンク

禁止カード・「カラミティ」が禁止カードに指定

琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ

琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ【無制限⇒禁止】

今回は禁止カードは無いかもしれないなぁ、って思っていましたが、《琰魔竜王 レッド・デーモン・カラミティ》が禁止カードとして指定されました、制限では意味がないカードなので1発で禁止カードとなりましたね。

高レベルシンクロモンスターを出力できるデッキだと《赤き竜》から相手ターンに出す事ができ、そういったデッキで多用され、相手のフィールドで効果発動をさせない、といった行き過ぎた制圧効果がアウトという所でしょう、「ホープ・ゼアル」や「V.F.D.」の様な感覚であるという事ですね。

制限カード・星杯の神子イヴと大嵐の解禁・環境に一石を投じそう

星杯の神子イヴ

●制限緩和
巌征竜-レドックス【禁止⇒制限】
星杯の神子イヴ【禁止⇒制限】
大嵐【禁止⇒制限】

まずは制限に緩和されるカードから《巌征竜-レドックス》が緩和されます、もう「タイダル」もサクっと緩和してくださいよぉ…ってのが本音、MDでも緩和されて暴れてはいませんからね、次回の改訂で「タイダル」も帰ってくるかと予想されます。

《星杯の神子イヴ》が制限に緩和、「星遺物」カードをサーチでき、墓地へ送られると「星杯」モンスターをリクルート・蘇生するアドバンテージ獲得能力の高さから禁止されていましたが、それらのカードを使用したデッキも環境から減ってきたので大丈夫そうとの判断でしょうか、また「ハリファイバー」という相性の良かったカードが禁止されているのもありそうです。

《大嵐》が制限に、9期のペンデュラム時代に《ハーピィの羽根帚》の制限復帰と同時に禁止されたカード、9期ルールではペンデュラムゾーンを巻き込んで破壊する事でアドを稼げていたのが問題視されていましたが、現状のルール、ペンデュラムデッキの推移的にこちらも解禁してもよさそうとなった形でしょうか。

ノーコストでバックを大量に破壊できるカードが《ハーピィの羽根帚》《大嵐》と2枚体制にする事ができるようになるのでトーナメントシーンにおいてもサイドデッキに変革をもたらしそうです。

制限に規制強化・【R-ACE】から《EMERGENCY!》がやはり許されず・永続メタ札の《群雄割拠》も制限へ

EMERGENCY!

●制限強化・新規指定
EMERGENCY!【無制限⇒制限】
群雄割拠【準制限⇒制限】

今回規制濃厚と言われていた【R-ACE】からは大方の予想通り《EMERGENCY!》が無制限から一気に制限カードに指定されました、強力なリクルートカードが制限になるので安定性や展開力に不安が生じるかと。

《群雄割拠》が制限に規制強化、《御前試合》や《スキルドレイン》などメタ札と言われる部類の永続罠、昨今ではシングル戦での大会も増えているので対処困難な場面も増えているのでこういったカードへの規制は厳しい傾向にあります。

準制限カード・【ピュアリィ】【ラビュリンス】に規制

ビッグウェルカム・ラビュリンス

●制限緩和
心変わり【制限⇒準制限】

●新規指定
ピュアリィ・マイフレンド【無制限⇒準制限】
センサー万別【無制限⇒準制限】
ビッグウェルカム・ラビュリンス 【無制限⇒準制限】

まずは緩和枠、《心変わり》が準制限に緩和されます、特に暴れてもいないので緩和の流れでしょうか、海外TCGでは《強奪》が緩和されて話題になったばかりですね、あちらは「イゾルデ」禁止なので《強奪》が許された感があります。

コントロール奪取系も先攻1T目だと機能し辛いのが現代遊戯王で向かい風とも言えますね、マッチだと後攻の場合サイドチェンジで採用する択も準制限なら出てくるかもしれません。

準制限に規制されるカードからは《ピュアリィ・マイフレンド》が準制限に、環境トップではありませんがポジションとしてはいい所に居るのでノータッチという訳にはいかなかったようです。

【ラビュリンス】からは《ビッグウェルカム・ラビュリンス》が準制限に、こちらも環境トップではなくとも長く存在感を示しているテーマ、それらの罠群の中でも特に強烈な《ビッグウェルカム・ラビュリンス》が準制限でひとまず落ち着く形となりました。

《センサー万別》が準制限に、こちらは上述の制限カード指定となった《群雄割拠》と同じ理由と見てよさそうですね。

規制緩和カード・「エンゲージ」が無制限へ

閃刀起動-エンゲージ

破滅竜ガンドラX【禁止⇒無制限】
鉄獣戦線 フラクトール【準制限⇒無制限】
閃刀起動-エンゲージ【準制限⇒無制限】
ドラゴニックD【準制限⇒無制限】
ふわんだりぃずと謎の地図【準制限⇒無制限】

《破滅竜ガンドラX》がエラッタもあり禁止から無制限へ、こういったエラッタでも1度制限をかます事が多いですが、1月の「レガシー・オブ・デストラクション」で「ガンドラ」を扱うテーマの登場となるのでそれもあってか一気に無制限となっています。

【トライブリゲード】からは「フラクトール」が無制限に戻ってきました、もう大分大人しくなっているので許されて問題ないでしょう、これがいいなら他にももっと許されるべきカードも多いとも思いますが…まぁ…

今熱いプッシュが続く【閃刀姫】からは「エンゲージ」が遂に無制限にまで復帰、再びあの爆アドカードを無制限で使えるようになりました。

【真竜】からは《ドラゴニックD》が準制限から無制限まで緩和、これは嬉しい事ですが次は「マスターP」の帰還が望まれますかねぇ、今のカードパワーなら制限くらいなら大丈夫そうでもありますが。

《ふわんだりぃずと謎の地図》が無制限に緩和、こちらも環境から遠のいて久しいのでそれによっての緩和策という形になりました。

コメント