【相場情報】《混沌領域》が人気・個人的に《エンジェル・トランペッター》推し

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここしばらく落ち着きつつあるカード価格ですが、やはり人気かつ強力なカードはジワジワと高騰していっていたりしますねぇ。

個人的に《アクセスコード・トーカー》は《ヴァレルソード・ドラゴン》より採用率も高いので再録が無いと伸び続けそうな予感がします。

スポンサーリンク

《混沌領域》が人気・【シャドール】関連はストラク再販で落ち着きそう

《混沌領域》が販売だと1000円くらいと初動から比べると倍な勢いですねぇ。サーチ範囲が広く「白黒竜」ギミックもかなり安定しますからねぇ。

《アクセスコード・トーカー》もジワーっと騰っていっています。名誉リンク1の《リンクリボー》も再録されてもこの値段は流石。

【十二獣】で絶賛活躍中の「希望龍皇ホープ」はこの辺りの値段で落ち着いていますね。

【ドラゴンリンク】などドラゴンデッキ需要で《ストライカー・ドラゴン》も伸びています。再録が望まれます(^o^;)

個人的に注目している《エンジェル・トランペッター》

バニラ植物レベル4・チューナーと【聖天樹】で需要アップが見込まれるカード。

ノーレアですし、もっと高くなってもおかしくないカードだと思いますがどうでしょうかねぇ。

【聖天樹】を組む予定の方はバニラサポートの《予想GUY》や《レスキューラビット》などを用意しておくと良いかもしれません。

コメント