【ピックアップ】近頃話題のカード《応戦するG》《アーティファクト-ロンギヌス》

スポンサーリンク

環境によって現れる事が多いカードそんなカードの中から現環境は《応戦するG》《アーティファクト-ロンギヌス》が見受けられます。

どちらも環境に合わせて採用されるカードなので浮き沈みはありますが持っておきたいカード達ですねぇ。

スポンサーリンク

どちらも除外に関した効果《応戦するG》は「増G」サーチも

《応戦するG》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1400/守1400
(1):相手がモンスターを特殊召喚する効果を含む魔法カードを発動した時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「応戦するG」以外の攻撃力1500以下の
昆虫族・地属性モンスター1体を手札に加える。

特殊召喚を含む魔法に反応して特殊召喚でき、この効果で特殊召喚した《応戦するG》が存在すると墓地へ送られるカードは除外される状態に。

またこのカードがフィールドから墓地へ送られると地属性昆虫族をサーチ。サーチ先筆頭候補はやはり《増殖するG》でしょうかねぇ。

特殊召喚する魔法を対策相手は現環境上位の【シャドール】の模様です。1度の融合によって生むアドバンテージが半端ないですからねぇ(^o^;)

また罠では《異次元グランド》が頑張ってたり。完全なる【シャドール】キラーなら《暗闇を吸い込むマジック・ミラー》がめちゃ刺さりますが流石にピンポイントすぎですかね(;・∀・)

除外させないのも大事!

《アーティファクト-ロンギヌス》

効果モンスター
星5/光属性/天使族/攻1700/守2300
(1):このカードは魔法カード扱いとして手札から魔法&罠ゾーンにセットできる。
(2):魔法&罠ゾーンにセットされたこのカードが相手ターンに破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
このカードを特殊召喚する。
(3):相手ターンに、手札・フィールドのこのカードをリリースして発動できる。
このターン、お互いにカードを除外できない。

セットしての特殊召喚は流石に《アーティファクトの神智》などが必要ですが、「ロンギヌス」は相手ターンに手札・フィールドからリリースして効果を適用できます。

効果は至ってシンプル。「このターン、お互いにカードを除外できない」ですね。

除外を絡めて展開する【召喚ドラグマシャドール】などといったデッキに有効的ですな。前環境なら【オルフェゴール】にもぶっ刺さっていました。

また《墓穴の指名者》や《抹殺の指名者》を止める事ができるので腐る事も少なそうですな、メインから投入する人も居るとかって話も見かけた事があります。まぁ「指名者」の採用率を考えるとね(*’ω’*)

除外を制する事が大事な環境に

総括として、とにかく近代の遊戯王は除外する・除外させない、と言った「除外」をコントロールする事が重要ですねぇ。

除外に絡んだ新規テーマ・新規カードもこれから増えるかもしれませんので、除外に関したカードは要チェックですな(*’ω’*)

コメント