PR

《レスキューヘッジホッグ》多大なリクルート範囲を持つモンスター用途がとても広い

記事内に広告が含まれています。

Vジャンプ2023年10月号(2023年8月21日(月)発売)の付属カード《レスキューヘッジホッグ》の効果が公表されました。

スポンサーリンク

程よい塩梅の強さに見える・使えるデッキでは結構面白そう

レスキューヘッジホッグ

《レスキューヘッジホッグ》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを除外して発動できる。
レベル3以下で種族・属性・レベルが同じとなる、通常モンスターと効果モンスターを1体ずつデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

「レスキュー」らしく自身を除外してのリクルーター。

リクルート範囲は「レベル3以下・属性・レベル」が同じであり、バニラと効果モンスターの組み合わせである事が条件。

効果モンスターを出せますが効果は無効化されるので墓地効果などの狙いたさがありますな。

また「レベル3以下」というのが柔軟性を高めていますねぇ、これによりリクルートできる範囲がとてつもなく広がっています。

欠点となるとすれば通常モンスターをデッキに入れる受け入れ体制ができるかどうかといった感じでしょうか、現代遊戯王だとデッキ構築はそれなりにシビアな視点になるので許容できる構築が必要になってきそうな気配がします。

ただ1枚が2枚になるアドバンテージとリクルートしたモンスターも素材化の召喚制約などが一切無いのは強み。

テーマからだと【ワイト】や【サンアバロン】で上手に使えそうですねぇ。

コメント