PR

遊戯王相場情報・世界大会であるWCS2023関連アイテムの買取

記事内に広告が含まれています。

2023/8/5~6に渡って開催された遊戯王世界大会ことWCS。

種目も昔は独自リミットレギュレーションの紙でのテーブルトップのみでしたが今や「デュエルリンクス」「マスターデュエル」「OCG/TCG」と3種目になりましたねぇ。

スポンサーリンク

来場者特典のクォーターセンチュリーシークレットレアセットが高額

来場者カードセットであるクォーターセンチュリーシークレットレアである《ブラック・マジシャン・ガール》と《魔法の筒》が90000円買取となっています。

世界大会来場者カードセットといえば遊戯王バブル最高潮の時に「WCS2017」のホロ《ブラック・マジシャン・ガール》シク《青眼の亜白龍》ウルトラ《死者蘇生》のセットが100万円まで騰がったのが印象に残っています。

今の遊戯王の高額カード相場は落ち着き気味の傾向にあるのでこれらのカードは適正かも?

デュエルセット「伝説の白き龍・伝説の闇の魔導師」

デュエルセット「伝説の白き龍・伝説の闇の魔導師」は15000円買取になっています。

物販コーナーで販売されており、内容は「特製ラバーフィールド、特製スリーブ(100枚入り)とシークレットレア仕様の《伝説の白き龍》と《伝説の闇の魔導師》となっています、価格は7000円(税込)」

世界大会の試合でも使われた赤と青のスリーブ、レッド・ブルーとプレイヤーの区別がしやすい工夫でしたね。

ブルーが3000円買取・レッドが2300円買取となっています、WCSスリーブといえば青!ってイメージはありますねぇ。

こちらも世界大会会場にて流通がありました、ブルーバージョンは物販での購入特典として、レッドバージョンは会場内でのスペシャルイベント参加賞となっています。それぞれ1セット50枚入りとなっています。

コメント