採用率が上昇中《PSYフレームギア・γ》セット・メインから採用も

スポンサーリンク
スポンサーリンク

近頃採用が増えている手札誘発枠《PSYフレームギア・γ》

その前から増加傾向はあったのですが、それは対《ヌメロン・ネットワーク》からの「ホープ・ゼアル」への対策としてサイドデッキに控えていたのですが、やはり環境と強さからメインからの投入が目立つようになりましたね。

スポンサーリンク

「墓穴」に引っかからない+自ターンなら場にモンスターが残る

《PSYフレームギア・γ》

特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/サイキック族/攻1000/守 0
このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
(1):自分フィールドにモンスターが存在せず、相手モンスターの効果が発動した時に発動できる。
手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、その発動を無効にし破壊する。
この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。

手札からの発動。墓地へ送る事が無いので《墓穴の指名者》に引っかかりません。「抹殺」の方には引っかかちゃいますが(;・∀・)

手札誘発ですが捨てるなどのコストとターン1が無いので《灰流うらら》を投げられても手札に残ってくれます。裁定としては同一チェーン上発動可、効果に直接チェーンする効果。

基本後攻で相手に対抗する事が為の片道切符として使われる事が多いですね。発動した場所を問わないので手札誘発からフィールド・墓地などのモンスター効果も止めれるのが魅力。

モンスター効果を無効だけではなく破壊もこなしてくれるのが嬉しいポイント。

自分ターンだとスタンバイなどに「V.F.D」の効果を発動されてもケアできたり初動の魔法を通すなど、環境にマッチしていると採用率が増加していく印象です、デュエルが高速化すれば流行りだす感じでもありますね。

現環境なら《アーティファクト-ロンギヌス》が刺さりそうになっても回避チャンスが生まれますね。

自分ターンなら素材として展開も「Ω」を出せば「γ」複数回も

自分ターンに発動できれば「PSYフレーム」が2体残るのでレベル8シンクロorリンク2モンスターへ繋げる事ができます。

《PSYフレームロード・Ω》をシンクロ召喚すれば「ドライバー」を墓地へ戻すので複数回「γ」を使うチャンスが現れますが環境が高速な場合中々狙ってられないってジレンマがありますね…

相手ターンで使用するとエンドフェイズに除外されるので「PSYフレーム・ドライバー」がピン積みの場合、1度きりの効果になります。

ただし手札でダブついた「γ」は《禁じられた一滴》などのコストに回せる様にするなど捌け口を用意しておきたい所。

環境にマッチすればガンガン採用数が増えるこのカード、1セットは持っておいて損は無さそうですね(*’ω’*)

コメント