環境に帰ってきた【SPYRAL】相性の良い《マジシャンズ・ソウルズ》や《トライゲート・ウィザード》再び

かつて環境を席巻した【SPYRAL】現在再び環境に戻って参りました。

《マジシャンズ・ソウルズ》といったとても相性の良いカードも登場し、勢いを取り戻しております。

スポンサーリンク

《マジシャンズ・ソウルズ》との思わぬシナジーが強力

《マジシャンズ・ソウルズ》

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。
その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

《SPYRAL-グレース》

効果モンスター
星7/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「SPYRAL MISSION」カード1枚を手札に加える。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「SPYRAL-グレース」以外の「SPYRAL」モンスター1体と「SPYRAL RESORT」1枚を手札に加える。

《マジシャンズ・ソウルズ》は【ブラックマジシャン】デッキのサポートですが普通に闇属性・魔法使い族とシナジーしますねぇ。

更に【SPYRAL】とは強力なシナジーを形成、墓地から除外すると蘇生効果の《SPYRAL MISSION-救出》を墓地へ送りつつドローに変換でき、「グレース」を蘇生する事で膨大なアドを稼ぐ事ができます。更に言うと「グレース」のサーチ効果には名称ターン1制限がありません(;・∀・)

レベルが1なのでサーチ&自己蘇生できる《SPYRAL-ジーニアス》と共にランク1になる事ができ「ジーニアス」の離れたら除外を回避するのにも一役かってくれます。

レベル1が初動に大きく関わるので《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》の採用が多い様です。

しかしとんでもない相性の良さですねえ(;^ω^)

《トライゲート・ウィザード》完全リンク再び

《トライゲート・ウィザード》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2200
【リンクマーカー:上/左/右】
トークン以外のモンスター2体以上
(1):このカードと相互リンクしているモンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:このカードと相互リンクしているモンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、そのモンスターが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
●2体以上:1ターンに1度、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。
●3体:1ターンに1度、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし除外する。

3体相互リンクすると万能カウンターまで発動できる様になるリンクモンスター。

《SPYRAL-ザ・ダブルヘリックス》のリンクマーカーが下/左と相性が良く更に「トロイメア」などと混ぜる事で相互リンク数を稼ぐ事ができます。

「ヴァレルロード」「ヴァレルソード」もリンクマーカー位置的に良い感じですね。しかも素で強い!

《召命の神弓-アポロウーサ》と合わせる事で妨害を2段構えにするのが盤面構築の1つかと。

「ドラグーン」ギミックも

《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を用いる出張スタイルも流行しています。これは【SPYRAL】に限った話ではありませんが(^o^;)

しかしながら《マジシャンズ・ソウルズ》の影響で他出張より少し恩恵があったりします。

元々強力で色々規制が入っているテーマですがまだまだ躍進の可能性を秘めていますねぇ。

コメント