《翼の恩返し》《SRスクラッチ》《LL-バードストライク》アニクロの連動効果がスゴい!

『アニメーションクロニクル2021』にて収録が判明した《翼の恩返し》と《SRスクラッチ》《LL-バード・ストライク》

どれも強力なドロソ・サーチ・札効果無効となっておりアニクロの最近のカードとの連動が凄まじいシンクロ率になっていますね。

《翼の恩返し》は汎用性も高くスーパーレアでもおかしくない性能となっているのでレアリティが気になる所です…!

スポンサーリンク

元々の名称違い鳥獣のみが2体以上居れば2ドローは破格

《翼の恩返し》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが、鳥獣族モンスターのみで、元々のカード名が異なるモンスター2体以上の場合、600LPを払って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

ここ最近アツい鳥獣族。丁度発表されたばかりの新規テーマ【ふわんだりぃず】とも好相性ですね。

条件が緩めの2ドローとなっており、ライフ支払いも600と雀の涙ですね。

発動するターン・発動後に制約などは一切発生せず自由に動けるのもポイント高し!

【LL】【RR】【BF】【ハーピィ】【シムルグ】といった様々な鳥獣族メインのデッキで採用できそうです。

デッキによって展開上EXデッキなどから他の種族を出している場合は発動が不可能になる点には注意ですね。2体並べてEXからの展開前に発動できるとおいしいかなと。

上振れを後押しするカード・ドン詰まり時は弱い

2ドローとして破格の条件ではありますが、手札が切れ息切れ時にトップしてしまうととてつもなく弱いです、こういう時「壺」シリーズならば…と言う事がありそうなので3枚積みなどをする際はその点も考慮しておきましょう。

ただノッてる時は雑な2ドローと無双的な強さを発揮します。私の【BF】でももちろん採用予定ですね!《闇の誘惑》とは帰還シナジーがありますので併用で枚数を調整する感じになるかもです。

緩い条件で相手モンスター効果を無効化

《LL-バード・ストライク》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「LL」モンスターが存在する場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

「LL」が存在するだけで発動でき、相手フィールドモンスターの効果を無効化。対象を取らない無効なので耐性持ち・制圧モンスターへのアンサーに。

アクセスも《LL-セレスト・ワグテイル》でサーチ可能となっているので引きムラはかなり抑える事ができそうです。

通常魔法なのでチェーンして止めるといった運用はできませんが、返しの一手として強力そうではありますね。後攻時が更に強くなる印象です。

「スピードロイド」サーチ魔法・ベイゴマ帰ってこれない!?

《SRスクラッチ》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札から「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送って発動できる。
デッキから「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。

手札コストこそ必要でアド損になってしまいますが墓地から罠モンスターとなる《SRデュプリゲート》とは相性が良さそうです、都合よく手札にあるかちょっと怪しいですが(汗)

《SR電々大公》をコストにすれば墓地除外でSRチューナーを展開したり「ダブルヨーヨー」「オハジキッド」で蘇生の種にする事ができますね、意外と便利そう。

このカードにより初動で《SRベイゴマックス》へのアクセスがかなり楽になりそうです、緩和もあり得るかと思いましたがこれは緩和されないって事でしょうか…

「スピードロイド」魔法なのでDPで登場した「コルクー10」でサーチが可能となっています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

みんな…みんなええカードですじゃぁ!

コメント