【ふわんだりぃず】前評判高し・かなりのメタデッキか|相性の良いカードも挙げてみました

『BURST OF DESTINY』にて収録される新規テーマ【ふわんだりぃず】前もって設定画がアップされていましたが、今回カードお披露目となりました。

レベル1鳥獣族という事で【LL】と似たステータスを持っていますねぇ。感覚としては【メルフィー】っぽさも感じますねぇ。

スポンサーリンク

特殊召喚を行えなくなる・召喚による大量展開

レベル1とレベル10の風・水属性鳥獣族によるテーマ。

下級のふわんだりぃず達は召喚成功時の効果を発動すると特殊召喚が不可能となる制約を負います。【LL】とステータスが同じでも方針が全く違い、混合するのはほぼ不可能かと。またEXデッキの使用もかなり厳しいですね。《強欲で金満な壺》が輝きそう。

そして召喚時効果のその後の処理として鳥獣族を効果による通常召喚を行います。これが連鎖する事で大量展開を見据える事が可能。【妖仙獣】に似た動きに思えますね。

そして最上級をアドバンス召喚して盤面を築いていきます。

通常召喚事効果でアド取り

《ふわんだりぃず×ろびーな》
効果モンスター
星1/水属性/鳥獣族/攻 600/守1200
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の鳥獣族モンスター1体を手札に加える。
その後、鳥獣族モンスター1体を召喚できる。
(2):表側表示のこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。
(3):このカードが除外されている状態で、自分フィールドに鳥獣族モンスターが召喚された場合に発動できる。
このカードを手札に加える。

各種下級モンスターは召喚時に下級・最上級のサーチ、除外から回収、墓地除外といった基本的な要素をもっています。

また除外されている場合に鳥獣族の召喚に反応して回収効果もあります。

エースとなる最上級

《ふわんだりぃず×えんぺん》

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ふわんだりぃず」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
その後、モンスター1体を召喚できる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドの特殊召喚された攻撃表示モンスターは効果を発動できない。
(3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、手札1枚を除外して発動できる。
その相手モンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで半分になる。

《ふわんだりぃず×すのーる》

効果モンスター
星10/風属性/鳥獣族/攻2900/守 800
(1):アドバンス召喚したこのカードが存在する場合、1ターンに1度、発動できる。
このターン自分は通常召喚を3回まで行う事ができる。
(2):アドバンス召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに1度、手札を1枚除外して発動できる。
相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て裏側守備表示にする。

最上級は現在2種、どちらもエースとして十分な効果を持っていますねぇ。えんぺんは魔法・罠サーチかつ相手のSSされたモンスターの効果封じ・対象を取らないデバフはかなりエグそう。手札除外も下級達だと簡単にサルベージできますしね。

すのーるは通常召喚を3回まで行う事ができ、貫通・SSされた相手モンスターを全て裏守備で力と技って感じの2種類ですね。

優秀な魔法・罠・特にフィールド魔法は弱点をケアする性能

《ふわんだりぃずと謎の地図》

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル1の「ふわんだりぃず」モンスター1体を相手に見せ、見せたモンスターとはカード名が異なる「ふわんだりぃず」カード1枚をデッキから除外する。
その後、見せたモンスターを召喚する。
(2):相手がモンスターの召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「ふわんだりぃず」モンスター1体を召喚する。

手札公開とデッキから除外、その後に公開したモンスターを召喚するので最初に除外したカードを回収が可能という「うらら」に引っかからないサーチ方法。エレクトラム式に似ていますな。

更にこのカードは「ふわんだりぃず」が苦手とする初動の通常召喚に対して《無限泡影》や《エフェクト・ヴェーラー》を当てられると止まってしまう問題のケアになってくれます。弱点しっかり消してきてますね。

さらに相手の召喚に対して召喚が可能。アドバンス召喚で相手を撹乱できそうです。

《ふわんだりぃずと怖い海》

アドバンス召喚されたモンスターが居れば相手の特殊召喚を無効にしてバウンスできるカウンター罠。その後相手の特殊召喚を封じ3回まで通常召喚権が増えるという物。

相手に召喚権が3回増えますが大抵のデッキでは時間稼ぎの下級が精一杯な事が多そう。裏守備で凌ごうにも貫通を持つすのーるの餌食になりそうです。

《ふわんだりぃずと未知の風》

2体のアドバンス召喚のコストの内1体を相手フィールドから賄えるカード。リリースではなく、墓地へ送る事に置き換えられます。この効果はターン1が付いていないのでアドバンスで相手のフィールドを壊滅させる事もできそうですね。

もう1つの効果は鳥獣族を2枚まで公開してデッキボトムに戻しその数ドローするルーティング。

《ふわんだりぃずと夢の町》

下級鳥獣族を召喚できる罠。アドバンス召喚時に墓地から除外すると相手モンスターを全て裏守備に。

相性が良いカード・各種メタを詰めてかなりエグい予感がします

《虚無の統括者》(ヴァニティー・ルーラー)《虚無魔人》(ヴァニティー・デビル)

最上級の特殊召喚封じモンスター。このデッキではただ強感がありますね。魔法・罠での汎用除去が無いと詰みかねません。《虚無魔人》はお互い封じますがこのデッキではさほど関係なく、リリースも1体でOK。

《強欲で金満な壺》《強欲で謙虚な壺》

特殊召喚縛りなので強金はもちろん強謙も採用が見えてきますね。ドロソバリバリ。

《ワンチャン!?》

謎の地図などで召喚権が増えるので採用も見えます。【LL】でも採用されていて引っ張りだこに?

《真帝王領域》

EXデッキをシャットアウトするカード。その代わり壺系は採用が難しくなります。

《一回休み》

効果無効・表示形式変更カード。適用範囲が絶妙で自分には降りかからず相手がお休みしまくります。

《封印の黄金櫃》

除外からの回収効果があるので即効性のある間接サーチ札に。

《マクロコスモス》

現在見た所墓地を使用しないどころか除外されてる方が都合が良いのでメタ要素マシマシかつ自分はサルベージしやすくなります。

《虚無空間》

お馴染みの特殊召喚封じ《マクロコスモス》とセット運用する事で自壊しなくなる恐ろしい組み合わせ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

物凄いデッキが出てきた予感がします!やりすぎると友達が居なくなりそうですねぇ…

コメント