最近の自己特殊召喚はチェーンに乗る特殊召喚が多い

いつ頃からかふと思ってみると最近のモンスターは自己特殊召喚がいわゆる「チェーンに乗る」効果での特殊召喚なカードが多いなぁと感じます。

最近はルール・テキスト的に区別化もしっかりされているのですが、チェーンに乗るのも良し悪しがありますからねぇ。この方針にも目的があると思いますが…

スポンサーリンク

《増殖するG》に弱く《神の宣告》に強い

チェーンに乗る特殊召喚は効果による特殊召喚なので当然発動し、チェーンに乗るのでそこで《増殖するG》などを当てやすいです。

逆にチェーンに乗る特殊召喚を止めれないのが《神の宣告》しかしながら他の亜種である《神の警告》や《神の通告》では効果を無効にできるので有効です。

この辺りのルールは結構戦況を左右するので大事かと、昔のカードで旧テキストだと分からないカードもあるので怪しい時はデータベースなどでチェックしておくといいです。

チェーンに乗る自己SS効果を持つ最近のメジャーカード

《ドラグマ》のモンスター達の自己SSは皆チェーンに乗りますね。

フィールド参照で自己SSをする《アダマシア》のモンスター達もそうですな。《海造賊》も自己SSができるカードも同じく。

効果テキスト的にチェーン組むよねって感じですが《黄金卿エルドリッチ》もですねぇ(ΦωΦ)

11期前後辺りからチェーンに乗る効果による特殊召喚が爆発的に増えていますねぇ、テキスト読んでて体感していましたが《ドラグマ》に至っては全員ですからね。

逆にチェーンに乗らない人気カードならば管理人が大好きなカード《ダイナレスラー・パンクラトプス》ですかねぇ。

これから新規テーマとかはチェーンに乗る特殊召喚がもっと増えていきそうな感じがありますね。

コメント