PR

【イビルツイン】に【スプライト】ギミック・相性の良さは計り知れない

記事内に広告が含まれています。
スプライトイビルツイン

ノーマルでもまぁまぁ高くて少々予算オーバーしましたが【イビルツイン】の構築をはじめたので【イビルツイン】について。

【イビルツイン】で相性の良いテーマになるとやはり真っ先に思いつくのが【スプライト】環境で活躍してガッツリと規制が入りましたが、混合構築ならばまだ傷は浅いです。

僕は【スプライト】のパーツを買っても使う機会がこないまま規制が入ったので丁度よかったのかもしれません。

スポンサーリンク

レベル2を意識したデッキならば活躍も必然

Live☆Twin キスキル

《Live☆Twin キスキル》

効果モンスター
星2/光属性/サイバース族/攻 500/守 0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、自分フィールドに他のモンスターが存在しなければ発動できる。
手札・デッキから「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分は500LP回復する。

【イビルツイン】の展開の基本、ライブツインの「キスキル」「リィラ」がそれぞれ相方をリクルートする事ができます。

《Live☆Twin トラブルサン》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ライブツイン」モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「イビルツイン」モンスターが存在する限り、相手がモンスターを召喚・特殊召喚する度に、自分は200LP回復し、相手に200ダメージを与える。

「ライブツイン」をサーチできる「トラブルサン」もあるので初動は安定性が高いです、対応するモンスターが居れば自力で特殊召喚できる「キスキル・トリート」「リィラ・フロスト」もサーチできるので誘発などでリクルート効果剥こうのケアをする事もできます。

【スプライト】で展開力を大幅に増強

「スプライト」のモンスター達には以下の共通の特殊召喚方法があります。

自分フィールドにレベル2または(ランク2orリンク2)のモンスターが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。

かなり緩い条件ですね、基本レベル2で固めるデッキなので1体着地すればぞろぞろと展開する事ができます。

そしてそれぞれの「スプライト」が特殊召喚成功時に効果を持っています、通常召喚では誘発しないので注意、ただ【イビルツイン】に混ぜる場合は大体「キスキル」か「リィラ」から入りそうです。

《スプライト・ブルー》は「スプライト」モンスターサーチ
スプライト・ブルー

後続を確保する基本的なカード、《スプライト・ジェット》にアクセスして魔法・罠のサーチ体制へ移りたい所。

《スプライト・ジェット》は「スプライト」魔法・罠サーチ
スプライト・ジェット

「スプライト」魔法・罠をサーチできるカード、制限カード(22/10現在)なので上記の「ブルー」でササッと持ってきたいですね。

リクルートできる速攻魔法でこちらも制限な《スプライト・スターター》やレベル2・ランク2・リンク2の攻守を1400上げる速攻魔法《スプライト・ガンマ・バースト》にマルチな効果を持つ《スプライト・ダブルクロス》など強力なカードが揃っています。

《スプライト・レッド》はリリースしてモンスター効果無効・ランク2リンク2リリースだと破壊が付く
スプライト・レッド

簡単に置ける効果無効モンスター、リリースは各「2」に関したモンスターが対応、ランク2やリンク2で破壊効果を付けるかどうかは反応したモンスター効果に応じて考えれるのが強み。

《スプライト・キャロット》リリースして魔法・罠無効・こちらも破壊を付けれる
スプライト・キャロット

こちらは「レッド」の魔法・罠版となっています、通常魔法・速攻魔法は破壊を付ける必要はほぼありません、永続魔法・永続罠やフィールド魔法は割ると効果も出ないので破壊ボーナスは非常に大事。

またこのカードは「効果の発動」に反応できるため、既に表側になっている永続魔法・永続罠が効果を発動しても無効にできる強みがあります。

エクストラデッキの「スプライト」とも相性がやはり良い

EXデッキからの「スプライト」もやはり好相性ですがリンク2の《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の(2)の蘇生効果を使ってしまうとEXからは悪魔族のみの特殊召喚制約が発生するので注意。

《ギガンティック・スプライト》

ギガンティック・スプライト
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/雷族/攻1600/守1600
レベル2モンスター×2
このカードは自分フィールドのリンク2モンスターをレベル2モンスターとしてX召喚の素材にできる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターのいずれかをX素材としているこのカードの元々の攻撃力は倍になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル2モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時までお互いにレベル2・ランク2・リンク2のモンスターしか特殊召喚できない。

素材により攻撃力が倍になるので3200と高打点で運用が可能。

素材とするリンク2は展開しやすいので十分視野範囲内です。

またメインフェイズにレベル2モンスターをリクルートする事が可能、「2」関連の制約は相手にも付くのでナチュラルにニビルケアになると話題になりましたねぇ。

「キスキル」「リィラ」を並べやすくなるのでリンク2の《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》の相方参照してのドローや破壊効果の条件を達成しやすくなります。

《スプライト・エルフ》

スプライト・エルフ
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/雷族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル2・ランク2・リンク2のモンスターを含むモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地のレベル2モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりにランク2またはリンク2のモンスター1体を対象とする事もできる。

リンク先モンスターに対象体制を付けるカード、対象耐性はカテゴリ指定などもなく幅広く使えるので非常に便利ですね。

お互いのメインフェイズに蘇生とかなりのアドバンテージ獲得能力を持っています。

展開効果を持つ最近のリンク2モンスターらしく、リンク召喚したターンリンク素材にはできなくなっています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

上記2枚はメインに「スプライト」ギミックを積まなくても採用圏内に入るれべるのカードですな。

《スプライト・スプリンド》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/雷族/攻1400
【リンクマーカー:右上/左下】
レベル2・ランク2・リンク2のモンスターを含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベル2モンスター1体を墓地へ送る。
(2):このカードがフィールドに存在する状態で、他のモンスターが特殊召喚された場合、自分フィールドのX素材を1つ取り除き、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

「スプリンド」は若干お好み度の高いカード、デッキから墓地へ送る効果は【イビルツイン】混合だと活きない事もあります。

またバウンス効果も他にエクシーズモンスターが必要となります、《ギガンティック・スプライト》や採用率の高い《神騎セイントレア》辺りから素材を出してもらう事になりそう、その場合採用しているならば「アーゼウス」を重ねた時の効果コスト2素材も考える必要あり。

コメント