《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》チューナーが居なくてもシンクロ召喚できる「カオス」シリーズ

《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》

「サイバーストームアクセス」に新規収録される【カオス】枠のカード《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》光・闇属性モンスターをチューナーとして扱う事ができます。

チューナー無しでのシンクロ、遂にシンクロ召喚もここまで来たかって感じがしますねぇ。

スポンサーリンク

激戦区のレベル10シンクロ・その分狙いやすい

《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》

《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》

シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3500/守2800
チューナー+チューナー以外の光・闇属性モンスター1体以上
このカードをS召喚する場合、自分フィールドの光・闇属性モンスター1体をチューナーとして扱う事ができる。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
(2):このカードは、このカードのS素材としたモンスターの元々の属性によって以下の効果を得る。
●光:自分フィールドのSモンスターは相手が発動したモンスターの効果を受けない。
●闇:自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

レベル10のシンクロモンスター、今レベル10シンクロは《フルール・ド・バロネス》が君臨していますが、逆に考えるとシンクロギミックがあるデッキはレベル10を受け入れやすい構築傾向になっているとも言えます。

光・闇属性をチューナーとして扱う事ができ、光・闇属性デッキではレベルを合わせるリンク召喚みたいな感じがしますね。

カードを除外する効果

(1)の効果は特殊召喚成功時に1枚除外、対象を取りますがカード種類は問わないので様々な場面に対応できます。

また特殊召喚成功時なので蘇生などでも発動していく事が可能。

素材とした属性により耐性を得る

(2)の効果は素材とした属性によって効果を得るという物、素材とする属性は光・闇でそれぞれ効果が付与されます。

光属性では自分フィールドのシンクロモンスターが相手が発動した効果を受けない耐性付与、自軍シンクロモンスター全体に付与してくれるのは非常にお強い。

闇属性では自軍モンスター全てが戦闘破壊されなくなります。

効果的に「光+闇」で両方の耐性を得るのが理想「相手が発動した効果を受けない+戦闘破壊耐性」とかなりガッチリします。

ただ相手が発動した効果を受けない耐性はシンクロモンスターのみと少し穴がありますが、この耐性がモンスター種類問わず全体だと流石にマズいですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

チューナー要らずとはビックリしました。カオス構築での選択肢として良いカードですね。

コメント