PR

遊戯王買取相場・制限改訂後の動き【VS】や【超重武者】に追い風

記事内に広告が含まれています。

2023/4/1リミットレギュレーション改訂発表後、初の買取相場となります。

【ティアラメンツ】【スプライト】【ビーステッド】に大幅な規制が入り、環境は大変動が起こりそうですね。

環境初期としては【超重武者】及びそれらの出張システムや環境後期に頭角を現した【VS(ヴァンキッシュ・ソウル)】辺りが注目されています。

スポンサーリンク

前環境の上位テーマがほぼ大きな規制を受けた後の相場

天霆號アーゼウス

規制自体は前回受けましたが今回規制強化が入らなかった【クシャトリラ】も有力ですねぇ。

相性の良いランク7エクシーズ「ディアブロシス」が1600円買取となっています。

【VS】で居場所を見つけた《倶利伽羅天童》が250円買取、再録もありましたしまだまだお手頃価格。

【超越竜】による恐竜族強化によって再録漏れした《究極進化薬》が250円買取となっています。

また装備品を駆使する【焔聖騎士】の新規が控えているので《盗人の煙玉》が300円買取に、ピーピングハンデスと遊戯王でかなり危険なハンデス札となっています。

また召喚権が余りフィールド魔法になんとしてもアクセスしたい【クシャトリラ】需要で《惑星探査車》が200円買取となっています。

《幸魂》という便利なレベル4スピリットの登場で需要が大幅に上がった《荒魂》は800円買取の領域にまで突入、そろそろどこかで再録してほしいですね。

【HERO】からは「ファリス」が再録され「インクリース」が高騰するシーソーゲーム状態となっています。

「アーゼウス」も再録直後少し値下がりしましたがすっかり元通りの相場となっています。

今期環境で戦えそうなテーマ買取表をまとめて

今期環境を見据えた買取、【ティアラメンツ】が存在しますが実際まだ舞えるかもしれないと試行錯誤しているユーザーも多いです、実際僕も環境ではダメでもフリーで使えるくらいなら面白そうとも思っています、買取価格の方はすっかり寂しいですけれどね。

【超重武者】も「ワカ-U4」ギミックが強力で大会入賞も狙えそうな感じがしますね。

【ピュアリィ】も【スプライト】混合型はダメージを受けましたがまだまだいけそうです。

【焔聖騎士】は高額だった「リナルド」が再録されたので価格的なハードルは低め。

無風だったので新環境でも【エクソシスター】は一定数見かける事になりそうですね、ただ今はまだあまり高騰はしていません。

そして12期最初のパックで新規が登場する【シンクロン】も期待が高いテーマとなっています。

また【勇者】もじわじわと再び登ってきている感じですね。

【VS】は前環境末期に現れ結果を残しだし急高騰したテーマ、今期も戦えそうな気配がしますね。

コメント