《スケアクロー・ライトハート》など新規2枚・リンク1と速攻魔法で初動を強化|遊戯王OCG

スポンサーリンク

『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』から新規カードの公表がありました。

【セリオンズ】の新規が来るなら同期の【スケアクロー】にも新規が来る流れとなりました。

今までアクセスしにくかったキーとなるフィールド魔法《肆世壊=ライフォビア》をサーチできるリンク1モンスターの登場は大きそうですね。

スポンサーリンク

《スケアクロー・ライトハート》

リンク・効果モンスター
リンク1/闇属性/獣戦士族/攻 500
【リンクマーカー:左】
「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体
このカードをリンク召喚する場合、自分のメインモンスターゾーンのモンスターしかリンク素材にできない。
このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードがEXモンスターゾーンにリンク召喚された場合に発動できる。
デッキから「肆世壊=ライフォビア」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドに「ヴィサス=スタフロスト」が存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

「スケアクロー」か《ヴィサス=スタフロスト》の素材指定がされているリンク1モンスター。

また素材はメインモンスターゾーンのモンスターのみとなっています。

素材と(1)効果発動条件的に1体目が効果無効になったのですぐに2体目おかわりとはいかないようにできています。

リンク召喚時に初動で大事なフィールド魔法《肆世壊=ライフォビア》をサーチと理想的なリンク1の効果となっています。

突然現れたチビキャラでイメージとのギャップを感じたのは僕だけでしょうか。

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、フィールドの守備表示モンスターの数×100ダウンする。
(3):フィールドに守備表示モンスターが3体以上存在する場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

「ライフォビア」はサーチ・相手攻守ダウン・破壊と3つの有用な効果を持つキーカード。

このカードにリンク1で安定してアクセスできるのは非常に有り難いですね。

(2)の効果はデュエル中1度ですが「ヴィサス」を参照して自己蘇生。

効果などは使えない状態なのでリンク素材にするのが主な使い方かと。

《肆世壊からの天跨》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの、「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力と守備力の内、高い方の数値分だけその自分のモンスターの攻撃力・守備力をアップする。
●自分フィールドの、「スケアクロー」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」を対象とする効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

2つのモードを持つ速攻魔法。

対象の「スケアクロー」or「ヴィサス」と相手モンスターを対象にして前者に後者の攻守の高い方分パンプアップ。

相手次第のパンプ量ですが相手の数値分上がるので耐性が無いならば戦闘で突破できるようになります。

もう1つのモードは「スケアクロー」「ヴィサス」を対象とする効果を無効にする防御効果。

対象を取る効果ならば種類を問わないのが強みですね。

攻守共に使えるカードなので扱いやすそうですな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
テーマ新着情報
遊戯王JOY

コメント