時代に合うカオスモンスター《カオス・ネフティス》にスポット

今回フィーチャーするカードは最新のカオスモンスターである《カオス・ネフティス》について。

条件こそありますがフィールド・墓地双方に干渉できるのは現在の遊戯王において非常に有用な効果ですねぇ。

カオスモンスターが出せる構築ならば一考の価値アリかなと思います。

効果破壊がトリガー・「デスフェニ」が居ると簡単

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/鳥獣族/攻2400/守1600
このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、フィールドのカードが効果で破壊された場合、自分の墓地から「カオス・ネフティス」以外の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのカード1枚と相手の墓地のカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

除外のコストはカオスらしく光と闇属性モンスターの除外、このカードは墓地からの特殊召喚にも対応しております《おろかな埋葬》などで墓地へ送り込み間接的にアクセスする事もできますね。

ただし特殊召喚する為のトリガーはフィールドのカードが効果破壊されないといけません、しかし誘発効果になっているのでトリガーを引ければ相手ターンでも特殊召喚可能なのが魅力的。

何気にカオスモンスターが相手ターンに出せるのは非常に大きいですね。

特殊召喚後はランク8やシンクロ素材にするのも面白そうですな。

効果破壊トリガーはモンスターからは制限ですが《ダイナレスラー・パンクラトプス》や手札誘発からは《幽鬼うさぎ》が助力してくれます、EXデッキからは《トロイメア・ケルベロス》や《トロイメア・フェニックス》が扱いやすいです、そして現在避けては通れないのが《D-HERO デストロイフェニックスガイ》ですね。

魔法・罠ならば《サイクロン》系のカードでバックを割ったり《神の宣告》で無効にして破壊などがあります。

フリーチェーンの破壊効果を持ち、容易にEXデッキから特殊召喚できるので《カオス・ネフティス》と相性は非常に良いです、逆に墓地除外効果によって「デスフェニ」を対策できるカードという面も持ち合わせています。

注意点としては対象となる3枚のカードが存在しないといけないので序盤に準備ができても腐る可能性がある点、相手が「デスフェニ」ならばデッキ融合により墓地は肥えてそうですが。

デッキとしては【イビルツイン】や【夢魔鏡】での採用が目立ちます、光と闇の属性バランスが良いのでコストに困る事は少なそうです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

個人的には今構築している【溟界】で採用してみようかなぁと思っています。

コメント