PR

《ヴァルモニカ・シェルタ》考察・ドロー・サーチをこなし手札を回せるカード「ヴァリアント・スマッシャーズ」

記事内に広告が含まれています。

「ヴァリアント・スマッシャーズ」に収録される【ヴァルモニカ】からウルトラレア枠の通常魔法カード《ヴァルモニカ・シェルタ》について。

ウルトラレア枠だけあって利便性の高い効果を持っています、ドローモードとサーチモードを場面によって使い分ける事でデュエルを有利に進めていきたいですね。

スポンサーリンク

安定のサーチ効果・困った時はドローに賭ける

ヴァルモニカ・シェルタ

《ヴァルモニカ・シェルタ》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選んで発動できる。
自分のPゾーンに「ヴァルモニカ」カードが存在しない場合、適用する効果は相手が選ぶ。
●自分は500LP回復する。
その後、自分の手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す事ができる。
その場合、自分は2枚ドローする。
●自分は500ダメージを受ける。
その後、デッキから「ヴァルモニカ・シェルタ」以外の「ヴァルモニカ」魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。

「ヴァルモニカ」の通常魔法、ライフを回復する効果とダメージを受ける効果から選んで発動するカードとなりますが、自分のPゾーンに「ヴァルモニカ」カードが無いとどちらの効果を使うかは相手が決める事になります。

基本的に自分が選びたいのでPゾーンに設置してから発動したい魔法ですね、相手に選択権があるっていうのは想像以上に厳しいものです、ただどちらの効果も有益なのでどうしても…って時はやむなしですね。

回復するモードの効果は手札をデッキボトムに戻して2ドロー、このカードの消費を含めると2:2の手札交換みたいな感じになりますね。

ダメージを受けるモードの効果は「シェルタ」以外の「ヴァルモニカ」魔法・罠のサーチ、サーチ先のカードを含めれば2つ響鳴カウンターを稼ぐ事ができます。

どちらのモードも強い

ヴァルモニカの神異-ゼブフェーラ

ライフを回復する効果もダメージを受ける効果どちらも強いというのが正直な印象。

ダメージを受ける魔法・罠サーチの方が序盤などでは優秀そうに見えますが、ターンが回るとサーチ範囲内では突破できない場面などに遭遇すると思うのでそうなった際には不確定となりますが2ドローを狙っていってもよさそうです。

そこから解決札もしくはそれらにアクセスできるカードや何か引け…というカードゲーマーの覇気の見せ所です。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

イラストの女の子が追加カードで登場しそうですね。

コメント