PR

《嫋々たる漣歌姫の壱世壊(ティアラメンツ・ペルレギア)》「ティアラメンツ」におかわりフィールド魔法が登場

記事内に広告が含まれています。

「フォトン・ハイパー・ノヴァ」に【ティアラメンツ】新規カード《嫋々たる漣歌姫の壱世壊》が収録されます。

同じくフィールド魔法である《壱世壊=ペルレイノ》が制限になってから即座に代わりとも言えるフィールド魔法が登場…コナミの寵愛を受けていると言われるテーマでも規制カードの代わりがこんなに早く来るのは初めてな気がします。

スポンサーリンク

《嫋々たる漣歌姫の壱世壊》

嫋々たる漣歌姫の壱世壊

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの融合モンスター及び「ティアラメンツ」モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):水族の「ティアラメンツ」モンスターが効果で自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル4以下の水族モンスター1体を墓地へ送る。
この効果で「ティアラメンツ」モンスター以外のモンスターを墓地へ送った場合、このターン、自分はこの効果で墓地へ送ったカード及びその同名カードの効果を発動できない。

《壱世壊=ペルレイノ》と同様に「ティアラメンツ」と「融合モンスター」の攻撃力を強化する効果。

もう1つの効果は「ティアラメンツ」が効果で墓地へ送られる事をトリガーにデッキから下級水族をデッキから墓地へ、これにより墓地肥やしを連鎖させていく事ができます。

水族でも「ティアラメンツ」以外だと効果発動が不可能になる点には注意ですが、あくまで「効果の発動」のみの縛りなので永続効果や召喚・特殊召喚まで止まりはしません。

壱世壊=ペルレイノ

《壱世壊=ペルレイノ》

フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、デッキから「ティアラメンツ」モンスターまたは「ヴィサス=スタフロスト」1体を手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの融合モンスター及び「ティアラメンツ」モンスターの攻撃力は500アップする。
(3):自分フィールド・墓地の「ティアラメンツ」モンスターがデッキ・EXデッキに戻った場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

22.10リミットレギュレーション改訂にて制限カードとなる「ペルレイノ」禁止ではなく制限なので1枚は使えますのでフィールド魔法として貼る優先度はこちらが高いですね。

なんやかんやで発動時処理でサーチが偉大、カード破壊効果まで付いていますからね。

《嫋々たる漣歌姫の壱世壊》も《壱世壊=ペルレイノ》もフィールド魔法で1枚しか貼れないのでブッキングしてしまいますが…この辺りをどう折り合い付けるかですね。

いっそ《盆回し》でアクセスするとか…?

《盆回し》

速攻魔法(制限カード)
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、
その内の1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

先日の《ティアラメンツ・クシャトリラ》も相まってまだまだ現役で戦えそう

《ティアラメンツ・クシャトリラ》

効果モンスター
星7/水属性/サイキック族/攻2300/守1200
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分の手札・墓地から「クシャトリラ」カードまたは「ティアラメンツ」カード1枚を選んで除外する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分または相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
(3):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。

先日公表された【クシャトリラ】【ティアラメンツ】をまたいでサポートできる新規カード《ティアラメンツ・クシャトリラ》の存在もあり、次期環境でも顔を出しそうな感じもしますね。

「イシズ」関連パーツが大きく規制されましたが、新たな構築によって環境に残れる余地がありそうな気配がします。

今後出るカードがまたとんでもなく強いとかでなければですが…

コメント