《深淵の獣バルドレイク》考察【ビーステッド】新規

スポンサーリンク
深淵の獣バルドレイク

「フォトン・ハイパーノヴァ」に収録の【深淵の獣(ビーステッド)】新規カード《深淵の獣バルドレイク》について。

出張面においても勢いがあるテーマの新規、いかなるカードとなるでしょうか。

スポンサーリンク

《深淵の獣バルドレイク》

深淵の獣バルドレイク

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):相手が儀式・融合・S・X・リンクモンスターを特殊召喚した場合、このカード以外の自分フィールドの光・闇属性モンスター1体をリリースし、その特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

「ビーステッド」のレベル6闇属性ドラゴンが持つ共通の特殊召喚効果。

この時点で「マグナムート」でサーチできる墓地除外カードの後続として使用する事もできますね。

気になるのは(2)の独自効果、相手の儀式とEXデッキに入るモンスター(ペンデュラム除く)からの特殊召喚に反応して発動でき、自分フィールドの光・闇属性をリリースしてそのモンスターを除外。

強くないですかねぇ(汗)

リリースはこのカード以外なので自身をコストにあてる事は流石に不可能、しかしながら1枚除外を取れるのは大きいですね。

墓地除外して特殊召喚され、特殊召喚を行うと除外される…プレッシャーがとてつもないですな。

(2)の除外効果が強烈

(2)の除外は特殊召喚着地後に除外となるので召喚時誘発効果などは通してしまいますね、また除外は対象を取ります、それにしてもリターンは大きめに思えます。

また(2)の除外は「EXデッキ」からなどではなくその対応した種類のモンスターを除外するので墓地からの蘇生などでも該当する種類のモンスターならば除外する事ができるのがポイントですね。

「マグナムート」からこのカードをサーチして「マグナムート」をコストとしてこのカードを構える…現在流行っている出張セットでもこの動きは十分に実現的。

【ビーステッド】の強化のみならず出張としても選ばれそうな1枚ですね。

コメント