《深淵の相剣龍》【相剣】のメインデッキの新たな大型モンスター

深淵の相剣龍

今まで【相剣】でメインに入る大型モンスターと言えば《妖眼の相剣師》でしたが「フォトン・ハイパーノヴァ」に新たなメインに入る大型モンスターが登場します。

スポンサーリンク

《深淵の相剣龍》

深淵の相剣龍

特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/幻竜族/攻3000/守2900
このカードは通常召喚できず、幻竜族モンスターの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、カードの効果でモンスターが除外された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドゾーンのカード1枚と相手のフィールド・墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

新たな「相剣」は特殊召喚モンスター、レベル8・炎属性で攻撃力3000守備力2900と高いステータスを誇っています。

《相剣大邪-七星龍淵》と《覇蛇大公ゴルゴンダ》がドッキングしたようなイラストですね、カード名は「ビーステッド」を意識した感じがあります。

特殊召喚方法は「幻竜族」モンスター効果と除外に反応して手札・墓地からの自己特殊召喚となっております、この効果で特殊召喚するとフィールドから離れると除外されます。

除外トリガーに関しては「カードの効果でモンスターが除外」に限られます、コストで除外などには反応できないので注意が必要。

除外される場所は問わないので墓地除外などにも反応可能。

フィールドから離れると除外も「天威」から「アーダラ」を採用するとサルベージが可能となっており、元々相性も良いテーマなのでアリですな。

墓地からも出てこれるので《相剣軍師-龍淵》のコストで手札から捨てちゃっても良いでしょう。

(2)の効果は展開時にフィールドゾーンのカードと相手フィールド・墓地のカードを対象に除外。

フィールド魔法を対象に取らないといけないので能動的に発動する為には自分からフィールド魔法を展開していきたい所。

現状【相剣】にテーマフィールド魔法は存在しませんが…この効果なら新たに登場を期待しても良さそうですね。

相性の良いカード

相剣大師-赤霄

《相剣大師-赤霄》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「相剣」カード1枚を手札に加えるか除外する。
(2):自分の手札・墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外し、このカード以外のフィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

仲良しになれそうなカード、(1)の効果で除外を行えば特殊召喚条件を満たし、レベルも8なのでエクシーズ召喚すればフィールドから離れた際の除外もケアできます。

好相性なので採用する際には回し方や最終盤面が変わる可能性を秘めています。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

【相剣】と【ジェネレイド】に新規が来るかなり僕に刺さるパックです。

コメント