PR

《No.1 インフェクション・バアル・ゼブル》考察・汎用で3つの効果と良きランク8エクシーズ

記事内に広告が含まれています。

「アニメーションクロニクル2023」に新規収録される事が発表された偽No.の1番《No.1 インフェクション・バアル・ゼブル》について。

偽No.と言えど詰め込み系の効果を持ち、汎用性もあるのでランク8エクシーズの新たな選択肢となってくれる性能を持っています。

スポンサーリンク

3つの効果どれもが高水準で扱いやすい物ばかり・素材も指定もなし

《No.1 インフェクション・バアル・ゼブル》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2500
レベル8モンスター×2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがX召喚した場合に発動できる。
相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を墓地へ送る。
(2):このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果で表側表示モンスターを破壊した場合、さらにその攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(3):自分スタンバイフェイズに発動できる。
相手の墓地のカード1枚をこのカードのX素材とする。

ランク8として素材に縛りがないので汎用として使えるエクシーズモンスターとして運用ができますね。

(1)の効果によるEXデッキ破壊はこちらが確認して墓地へ送れるので結構強力なものとなっています、制限カードの「アーゼウス」辺りなどを撃ち抜くと効果は抜群だ!

(2)は純粋な破壊効果、対象を取る普通な除去と思いきやモンスターを破壊したのであればその攻撃力の半分のバーンダメージを与える事ができます。

仮に攻撃力3000のモンスターを破壊したならば1500バーン…中々な数値ではないでしょうか。

(3)は自分スタンバイフェイズと発動は遅めですが、相手の墓地のカードをエクシーズ素材とする事ができます。

テキストとして対象を取る取らないが明記されていませんが、この感じだと取らなさそうですかね?

素材化自体は素材を吐きまくるカードではないですが、蘇生した場合に(2)の効果のコストを宛てがいつつ相手の墓地利用を邪魔できるので十分な効果とも言えます。

総じてクオリティの高い新たな汎用ランク8エクシーズ候補

上述の3つの効果、どれも質が高くランク8エクシーズの汎用枠として新たに検討できるレベルとなっています。

ステータスも闇属性・悪魔族・攻撃力3000/守備力2500と恵まれた物となっていますしね。

除去だけの力ならば対象を取らない墓地送りである《宵星の機神ディンギルス》に遅れを取りますが、バーンとX召喚時のEXデッキ破壊を鑑みればどちらも採用して使い分ける、といった構築も考えられます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

総合力で見るとかなり高いレベルに仕上がっている1枚に思えます、8軸デッキのお供として活躍してくれそうですね。

コメント