《ENシャッフル》HERO・Nに優秀なリクルートカードの登場

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメーションクロニクル2022でも続いて新規カードが登場する【ネオスHERO】デッキ。

新規である《EN》シャッフルについて考えていきます。

かなり優秀なカードと思われるのでこれはHERO使いとしては是非とも押さえておきたいカードですね。

スポンサーリンク

「HERO」「N」なんでも変換カード

《ENシャッフル》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体を選んで持ち主のデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なる、「E・HERO」モンスターまたは「N」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
「E・HERO」モンスターと「N」モンスターを1体ずつ、または「E・HERO ネオス」1体を自分の墓地から選んでデッキに戻す。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。

モンスターをデッキに戻してリクルートを行うカード。

モンスターとこのカードで2枚と重めの消費をしますがレベルなどに制限が無く「E・HERO」と「N」と幅広いカードをリクルートできます。

墓地除外とモンスターをデッキに戻す事で1ドローを行う事ができます。

《E・HERO ネオス》は近頃の構築だとすぐにデッキから居なくなってしまうので戻せる効果の登場は有り難いですねぇ。

リクルートしたいモンスター達

《E・HERO エアーマン》
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

「エアーマン」は優秀なHEROモンスターサーチカード《ENシャッフル》でリクルートしてサーチすると消費を軽減する事ができます。

《E・HERO シャドー・ミスト》
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1000/守1500
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「E・HERO シャドー・ミスト」以外の「HERO」モンスター1体を手札に加える。

「シャドーミスト」からだと「チェンジ」速攻魔法サーチにより《マスク・チェンジ》をサーチでき、ダークロウの構えを取る事ができます。

シャドーミストを特殊召喚できるカードが増えるのは有り難いですね。

《E・HERO スピリット・オブ・ネオス》
効果モンスター
星7/光属性/戦士族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「E・HERO」モンスターのカード名が記された魔法・罠カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(3):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、デッキから「E・HERO」通常モンスター1体を特殊召喚する。

リクルートにレベル制限が無いので「スピリット・オブ・ネオス」もリクルート可能。

特殊召喚成功時に「E・HERO」モンスターカード名が記された魔法・罠や《融合》をサーチする事ができます。

緩めの自己特殊召喚効果を持っていますが《EN-エンゲージ・ネオスペース》に続いて自分から能動的にリクルート出来るカードが増えるのは非常に嬉しいですね。

このカードをデッキに戻す事で《E・HERO ネオス》と入れ替わる事が可能《インスタント・コンタクト》から「フレイム・ウィングマン」を呼び出せば《E・HEROシャイニング・ネオス・ウィングマン》まで繋ぐ事ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント