「V.F.D.」「デスフェニ」「ドランシア」OCGで実現しなかったカード達の共演がマスターデュエルに

スポンサーリンク

カード追加が迫っている『遊戯王マスターデュエル』ですが、ここでネット上でも言われていて僕もふと思ったのが禁止カード達の共演…いや狂宴?饗宴?が始まろうとしています。

それぞれ入れ違いに規制されたカードが結集しようとしていますね。

「デストロイフェニックスガイ」はOCGでも使えますが以前の様に出張はできませんからね。

スポンサーリンク

OCGでは揃わなかったパワーカード達

今回集うカード達は《十二獣ドランシア》《真竜皇V.F.D.》《D-HERO デストロイフェニックスガイ》の3枚ですね。

OCGでのリミットレギュレーションでは2枚禁止され、次期的に共存していた頃もありますが、現在のプールでの共存は非常にレアですね。

それぞれ直近の規制された時期をみてみましょう。

《十二獣ドランシア》

OCG禁止カード指定を受けたのは2021年7月1日の禁止制限改訂にて禁止。

《真竜皇V.F.D.》

OCGで禁止カード指定を受けたのは2021年10月1日の禁止制限改訂にて禁止、「ドランシア」の後を追う形となりました。

《D-HERO デストロイフェニックスガイ》

このカード自身は禁止・制限された事はありませんが、召喚する為のデッキ融合である《フュージョン・デステニー》が2022年1月1日の禁止改訂により禁止、2022年4月1日の改訂により制限復帰しましたが代わりにデッキからデッキ融合をコピーできる《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》が禁止となりました。

改訂ごとにすれ違ったカード達

こうして見ると3ヶ月おきに禁止が入っていますね。

「マスターデュエル」では《フュージョン・デステニー》が準制限となりますが《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》が存在するので以前のOCGの様に出張する可能性はかなり高いでしょう。

【十二獣】からは《十二獣モルモラット》と《十二獣の会局》が禁止されているので次期環境でどう使われるかですかね。

一応「ドランシア」と「V.F.D.」は9期の頃少しの間ですが共存期間がありました、使われ方は今と少し違っていました、カードプール的にそりゃそうですが。

「V.F.D.」と「デスフェニ」は登場から3ヶ月共存期間がありました。この頃は【電脳堺】が環境上位で「V.F.D.」が大暴れしていた頃ですね。

それぞれどこかで共存している時代もありましたが、3枚揃い踏みと言うのはマスターデュエル独自リミットレギュレーションってのが大きく試されている感じがあります。

TCGの環境はいざ始まらないと分からない事が多数ですがどうゲームが動いていくでしょうかねぇ。

コメント

  1. 匿名 より:

    デスフェニ登場7/17だからVFDとデスフェニは普通に共存してたし電脳にデスフェニ入らんからって理由でデスフェニは出た当時はそんなだったっての完全に無視してて草
    揃わなかったのはドランシアとデスフェニだけ。それ以外は全部共存した時期があった。