『遊戯王』《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード-ネオテンペスト》収録公表・ヒスコレ

スポンサーリンク

『ヒストリーアーカイブコレクション』に新規カードである《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード-ネオテンペスト》が収録される事が公表されました。

しかし名前がとんでもなく長いですねぇ…リンク数も希少種であるリンク5モンスターとなっております。

スポンサーリンク

《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード-ネオテンペスト》

リンク・効果モンスター
リンク5/闇属性/サイバース族/攻3000
【リンクマーカー:上/左/右/左下/右下】
サイバース族モンスター3体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、バトルフェイズ中に相手が発動したモンスターの効果は無効化される。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
デッキ・EXデッキからサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。
このカードは、墓地へ送ったそのモンスターと同じ属性としても扱い、攻撃力が2500アップする。
(3):このカードは1度のバトルフェイズ中に、このカードの属性の種類の数までモンスターに攻撃できる。

超絶火力に特化したカードですねぇ。

リンク素材はサイバース族3体と効果的にもサイバース族中心のデッキで使用する事になりそう。

バトルフェイズ中に発動したモンスター効果を無効化する事ができますが、魔法・罠に対しては無力となっていますし耐性も無いので慎重な運用が求められそうです。

この火力で耐性・制圧効果があったら流石にアウトでしょうしね。

打点上昇はデッキ・EXデッキからサイバースを墓地送り、墓地を肥やす事ができる利便性の高い効果となっています。

盤面への干渉力など総合的に見ると《アクセスコード・トーカー》が器用ですが「ネオテンペスト」は通れば勝てるという魅力がありますねぇ。

展開力の高い【@イグニスター】などでは並べるルートなどもできそうですね。

効果モンスター
星4/地属性/サイバース族/攻 500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで8にする。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、EXモンスターゾーンの自分のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで倍になる。

墓地へ送るカードを《斬機マルチプライヤー》にすると攻撃力を倍加する事ができ通ればほとんどの場面においてデュエルを終わらす事ができそうです、オーバーキル感がスゴいですが。

パンプアップは永続で自分・相手ターンに使えるのでお互いのターンで5000アップで攻撃力8000にまで辿り着く事ができます。

属性も違う物にすればモンスターへの攻撃回数が増えていくので相手にした場合は素早く除去できなければそのままGGがとなりそうですな。

そこは耐性・制圧能力が無く、リンク5の重さによる隙を差し込んでいくしかなさそうですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント