『遊戯王』【青眼】デッキ・祝「亜白龍」再録|お高い《深淵の青眼龍》も構築次第で必須ではない

『ヒストリーアーカイブコレクション』にて《青眼の亜白龍》の再録が決定しましたね。

これは【青眼】まだ強化貰えると思っていいんでしょうか、ちょっと気が引けるレベルですな(汗)

「亜白龍」再録で【青眼】の構築ハードルも少し下がりますね、そして次のネックとなるのは《深淵の青眼龍》でしょう。

現在3000円くらいするカードですが、このカードは現在必須でもないのでその辺りを掘っていきます。

もちろん『ヒストリーアーカイブコレクション』に《深淵の青眼龍》も再録される道も残っていますが…

「カオス・MAX」を採用しない非儀式軸なら必須じゃない

効果モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、自分フィールドまたは自分の墓地に「青眼の白龍」が存在する場合にしか発動できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから儀式魔法カードまたは「融合」1枚を手札に加える。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
デッキからレベル8以上のドラゴン族モンスター1体を手札に加える。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドの全てのレベル8以上のドラゴン族モンスターの攻撃力は1000アップする。

効果としてはサーチとパンプアップを持つカード。

レベル8ドラゴンサーチもありますが、サーチに関しては飽和状態ですしエンドフェイズなのがネック、非ブルーアイズなレベル8ドラゴンとは相性が良いのですが。

パンプアップは横並びしている場合は引導火力となってくれる数値です。

1番のポイントとなるのは《融合》「儀式魔法」サーチでしょう、現在の【青眼】だと融合魔法は《究極融合》を使う事がもっぱら多いですね。

そして大事なのが「儀式魔法」サーチ《カオス・フォーム》を持ってきて《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を儀式召喚する軸ならば必要性はグンと上がります。

しかし「カオス・MAX」など儀式モンスターを採用しないならば現在このカードの優先順位は下がり気味にあります。

「カオス・MAX」も中々お高いので予算次第ではこれら儀式要素は抜いて構築するのもアリです。

自分の【青眼】も儀式要素を抜いており各サポートカードで引っ張ってくる順位は下がりました、寧ろ使わないデュエルのが多かったりします。

優先順位を下げた他の要因

《深淵の青眼龍》の順位を下げた他の理由について考えてみます。

まずは【青眼】デッキの風雲児《ブルーアイズ・ジェット・ドラゴン》が優先度ナンバー1の座についた事による所もありますね。

そして《ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの独裁者-》も3枚積みするカードで枠が大変圧迫される様になりました、このカードと「白石」などのチューナーからの動きで《フルール・ド・バロネス》を立てる事ができ、上質な妨害カードを無理なく用意できる様になりました。

この2種の新規はガチ・カジュアルを問わず現在の【青眼】を支えてくれるカードですね。

儀式を抜く事によるメリット

以前の【青眼】だと枠が空いてたり強烈なエースとして「カオス・MAX」は欲しくて3積みもあったりしましたが、現在は上述の強化によって変化を見せています。

儀式要素を外すメリットとしてはやはり事故率の低下ですね、なんやかんやで最上級をモリモリ搭載する【青眼】は手札事故と隣合わせ。

そこに儀式要素を盛ると更にですね、だから《深淵の青眼龍》の需要が上がりここまで高騰しているんでしょうね。

そしてもう1つは直接的な物では無いのですがデッキプライスが下がります。

「カオス・MAX」と《深淵の青眼龍》用意しないだけでかなり浮きますよねぇ《太古の白石》とか《白き霊龍》など他にメインデッキでジワっと高い枠もありますが…

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

儀式をするかしないか、という構築選択で《深淵の青眼龍》採用が変わってくる時代かなって感じです。

コメント