『遊戯王カード』話題の《デスピアの導化アルベル》【烙印】でも厚いサーチ《悲劇のデスピアン》も強い

スポンサーリンク

現在遊戯王OCG界隈で話題のカードといえば《デスピアの導化アルベル》でしょう。

【デスピア】でサーチカードとして活躍しているカードですが、そのサーチ範囲から【烙印】でもサーチ手段として重宝されそうです。

厚いサーチ体制を敷きたい方に特にオススメとなりますね。

スポンサーリンク

《デスピアの導化アルベル》

効果モンスター
星4/闇属性/天使族/攻1800/守 0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「烙印」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の融合モンスターが相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、対象のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

召喚・特殊召喚時に「烙印」魔法・罠をサーチ、この効果はデッキ融合である《烙印融合》が発表されてから【烙印】での評価がうなぎ登りになりましたねぇ。

また自己蘇生効果も持っていますが「アルベル」の効果はどちらか1つなので自己蘇生でサーチは不可能となっています、ただ自己蘇生に相手モンスター効果無効が付いているので助けとなってくれそうです。

《烙印開幕》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札を1枚選んで捨てる。
その後、デッキから「デスピア」モンスター1体を手札に加えるか守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの融合モンスターが効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

そしてこの「アルベル」をサポートしてくれるのが《烙印開幕》手札を捨てる必要がありますが「アルベル」をリクルートする事が可能。

召喚権を使わずに展開できるのが嬉しい所、また速攻魔法となっており、相手ターンに発動して融合モンスター縛りを回避する使用方法もできます。

(2)は融合モンスターの効果破壊から身代わり、戦闘には対応しておりませんが嬉しい効果となっています。

ストラクに新規収録される「アルベル」と同じくサーチ札である《スプリガンズ・キット》を含めると初動で「烙印」魔法・罠サーチが9枚体制となり、かなりの安定度を誇るでしょうね。

《悲劇のデスピアン》

効果モンスター
星1/闇属性/天使族/攻 400/守 400
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが効果で墓地へ送られた場合、または効果で除外された場合に発動できる。
デッキから「悲劇のデスピアン」以外の「デスピア」モンスター1体を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「烙印」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。

さり気なく「烙印」関連カードである「悲劇」効果で墓地へ行ったり除外されると「デスピア」モンスターサーチ…えぇー!また「アルベル」にアクセスできるのかい!?

効果で墓地へ送るのは融合素材にするのがデッキ的にベターでしょう、もしくは効果処理で手札を捨てる《烙印開幕》でも可能。

また《烙印融合》でデッキから融合素材としてもトリガーになります、うーん便利。

墓地から除外する事で墓地から「烙印」魔法・罠をフィールドにセット、かなりの可能性を秘めているので【烙印】でも余裕で出張できるクオリティの1枚。

コメント