新規カード《暗影の闇霊使いダルク》遂に出揃った6属性

『バトル・オブ・カオス』に《暗影の闇霊使いダルク》の収録が発表されました。

遂にリンク霊使い6属性が揃う事となりましたね、シリーズ初登場である《灼熱の火霊使いヒータ》が2018年10月の『サベージ・ストライク』なので足掛け3年でのコンプリートとなります。

光と闇は遊戯王で隆盛している属性なので光の「ライナ」が登場する際に話題になりました、闇である「ダルク」もとても幅が広いですね。

スポンサーリンク

奪ったモンスターでさらなるリンクへ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/魔法使い族/攻1850
【リンクマーカー:左下/右下】
闇属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから守備力1500以下の闇属性モンスター1体を手札に加える。

リンク霊使いと共通の効果、違いはそれぞれ効果の属性のみ。どのイラストのカードでも右腕が描かれていなく、今回も右腕は描かれていないです。

ただ遊戯王で重要な属性である「闇属性」なので相手のデッキに依存する相手墓地からの蘇生を発動できる確率は高めかと。

「デストロイ・フェニックス」をパクれると一時ざわつきましたが、あちらは破壊時に発動していて墓地から特殊召喚してリンク素材にしてもスタンバイフェイズに適用され蘇生されてしまいます。

エクシーズ素材などにできれば幽閉させる事はできますね、その場合相手は他の「D-HERO」を蘇生する事になるかと。また除外など出来れば良いですね。

【ヴァンパイア】ならば他のモンスターを奪ったりレベルを変更できるのでエクシーズ幽閉が比較的容易となってますね、何気に相性が良いです。

闇属性で奪ったモンスターからリンクするのは「ラスティ・バルディッシュ」を擁する【幻影騎士団】が有用そうです。「ダルク」と奪ったモンスターでリンク召喚が可能。

(2)の効果によるサーチは幅が広すぎる状態です。闇属性中心のデッキならば色々サーチができそうなので場合によっては自爆特攻してでも探しに行くのもアリですね。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント