PR

遊戯王買取相場・高騰する「炎属性」関連カードと墓地対策カード達

記事内に広告が含まれています。

遊戯王OCGの買取相場、2024年になっても高騰を続ける《篝火》や《転生炎獣レイジング・フェニックス》そしてそれらを使用する【炎王スネークアイ】などを対策するための墓地対策カード達にスポットしていきます。

スポンサーリンク

《篝火》まだ高騰する・【炎王スネークアイ】に「レイジング・フェニックス」も採用され人気

転生炎獣レイジング・フェニックス

高騰が続く《篝火》勢いは24/1改訂後も留まらないどころか上昇傾向にあり、買取価格はスーパーレアで3000円・シークレットレアで4000円となっています。

《篝火》を探す

販売だとスーパーレアは大体4000円くらいになっています、3枚揃えると12000円かかってしまうのか…

《転生炎獣ライジング・フェニックス》がウルトラレアで900円買取、シクになると1600円買取となっています、環境トップである【炎王スネークアイ】でも採用されているカードなので需要が高いです。

《転生炎獣レイジング・フェニックス》を探す

【氷結界】でバズった《氷水帝エジル・ラーン》が400円買取と価格を維持、かなり強いカードなのでしばらく下がらなさそうな気配ですね。

《氷水帝エジル・ラーン》を探す

墓地除外系カード《魂の解放》以外にも《次元の裂け目》や《異次元グランド》にも注目

話題のカード《魂の解放》が100円買取となっています、他にも《異次元グランド》が100円買取、罠カードですが発動したターンに限り墓地へ送られるモンスターは除外されるという都合よく扱えるカードでこちらも注目されているようですね。

《魂の解放》を探す

他には永続魔法墓地のモンスターをシャットアウトという事で定番の《次元の裂け目》が200円買取【ティアラメンツ】環境時に使われて再び出番が回ってくるかですね。

《次元の裂け目》を探す

コメント