『遊戯王リミットレギュレーション』2022.1改訂発表・環境が激動しそうですね

さてと大方の予想通り本日21時に『リミットレギュレーション』改訂2022.1月適用が発表されました。

内容は予想より影響を受ける事が多そうですね、特に環境は大激動しそうですね。

思うことを書いていこうと思います。

《フュージョン・デステニー》禁止!これは【HERO】に大打撃

禁止
《フュージョン・デステニー》

制限
《幻影騎士団ティアースケイル》
《プランキッズ・ミュー》
《抹殺の指名者》

準制限
《アラメシアの儀》
《聖殿の水遣い》
《オルターガイスト・マルチフェイカー》
《龍相剣現》
《メタバース》

無制限
《EMドクロバット・ジョーカー》
《魂喰いオヴィラプター》
《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》
《スケープ・ゴート》

「デスフェニ」関連では「アナコンダ」が禁止か《フュージョン・デステニー》か「デストロイフェニックスガイ」かと様々な予想がされていましたがデッキ融合手段である《フュージョン・デステニー》が禁止となりました。

これは【HERO】特に「D」で組んでいと大打撃ですねぇ…「bloo-D」軸にするしかないかも?

「アンコンダ」は当日のお昼に収録パックである「LVP3」の再販が告知されており、これは「アナコンダ」規制は無いと言われだし、その通りになりましたな。

しかしこうなると次期環境次第では《烙印融合》次はお前だ、感もありますね怖い怖い…

制限指定【幻影騎士団】【プランキッズ】にクリティカルヒット

現在の環境筆頭である【幻影騎士団】からは「ティアースケイル」が制限に、カテゴリおろ埋と自己蘇生を持つ強力なカードが一気に制限ですね、結構重めな措置となりましたねぇ…

また出張させている【勇者】も規制されたので環境トップからは退く事になるかもしれません「ロンゴミアント」関連はノータッチなので再び隆盛するかも?

そして【プランキッズ】からは最高クラスのサポートであるリンク1の《プランキッズ・ミュー》が制限に、こちらも無制限から一気に制限へ、重要な代替コストとして使われているので制限はかなりキツそうです。

メインデッキからは相変わらず1枚初動ですが各融合体のコスト捻出が厳しくなりかなりの弱体化ですね、また【プランキッズ】も【勇者】ギミックを採用する事が多いデッキですな。

「指名者」からは《抹殺の指名者》が制限カードに、ますます手札誘発の価値が上がりそうですが、そうなるとデュエルシーンがどうなるかですね。

次の改訂で《墓穴の指名者》が制限とかになると…流石にやりすぎ感がありますが。

【勇者】セットが準制限・出張時代は衰退していく?

「デスフェニ」と並んで絶賛出張セットとして活躍している【勇者】からは《聖殿の水遣い》と《アラメシアの儀》が準制限に。

登場したのが8月末と日も浅いですが思い切っての規制となりましたね、私は規制は4月かなぁと思っていましたが…

そして環境の一角である【相剣】からは《龍相剣現》が制限に、テーマ・幻竜族をサーチできるのでデッキの安定を高めていたカード、幻竜族サーチでは《アークネメシス・プロートス》などカテゴリ外の強力カードサーチとしても使用されていました。

まぁこの規制リストで【相剣】ノータッチは流石におかしいというか不平等ですからね。

《オルターガイスト・マルチフェイカー》と《メタバース》は制限から準制限に緩和。

《メタバース》も前回《魔鍾洞》が禁止になりましたからねぇ、逆にフィールド魔法が重要なテーマには嬉しい所です。

規制解除・各サーチ札が完全解放

《EMドクロバット・ジョーカー》が遂に無制限化、これで対応する各テーマの安定力が上がりそうですね。

《魂喰いオヴィラプター》も無制限に、準制限化の時に高騰したのでまた高騰が始まるかもしれませんね、【恐竜】やそれを軸に組み込んだデッキの動きが良くなりそう。

そしてエラッタされエラッタ版も再録された《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》も解放、3枚積むかどうかはともかくですが(汗)

リンク召喚ルール時に規制された《スケープ・ゴート》も解放、現在だとまぁ無制限でもいいかなって感じですな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

個人的に規制面についてはかなり強めなハンマーを叩いたと思います。

時期環境はしばらく激変するかもですね、そして勢力を強めている『アルバ・ストライク』を使用したデッキには強い追い風となりえそうです。

コメント