PR

《幻惑の見習い魔術師》幻想魔族をサーチできるモンスター・召喚条件も緩い

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

《幻惑の見習い魔術師》「レガシー・オブ・デストラクション」収録

幻惑の見習い魔術師

緩い特殊召喚条件と「幻想魔族」をサーチできるカード

手札を捨てて特殊召喚、かなり簡単な条件で展開できるレベル6モンスター、魔法使い族ではなく「幻想魔族」であり、展開時には「幻想魔族」をサーチする事ができます。

ここでサーチ先としてはやはり《原罪のディアベルゼ》が頭をよぎりますね、手札コストに「罪宝」を使用すると即座に特殊召喚条件を満たすことができるのも見逃せません。

《原罪のディアベルゼ》

効果モンスター
星7/光属性/幻想魔族/攻2500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分か相手の墓地に「罪宝」カードが存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はセットされていない魔法・罠カードを発動できない。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する状態で、フィールドに魔法・罠カードがセットされた場合、
自分及び相手フィールドのカードを1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

種族サーチ・未来が明るいカード

モンスターカードによるサーチですが、特殊召喚条件が簡単でアド損無しに使用できる種族サーチなので将来性が非常に高いと言えます、だって《篝火》だってそうでしょう?的なヤツです、幻想魔族が増えていって強力なテーマが増えるとこのカードの株も爆上がりそうです。

現時点でも「原罪のディアベルゼ」で結構強く使えそうですからね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

召喚権を使わない種族サーチモンスターはかなり攻めているデザインかと思います。将来が楽しみなカード。

コメント