『遊戯王大会結果』優勝は【戦華】新規もしっかり採用

スポンサーリンク

大会結果記事となります、大会はある程度アンテナ立ててますがやっぱり減ってきている感がありますねぇ。

公認大会はまだストップがかかっていませんが自粛しだした所もあり時間の問題かもしれませんね。

今回の優勝デッキは【戦華】新規も登場し群雄割拠な環境に殴り込みからの優勝となりました。

スポンサーリンク

《スキルドレイン》搭載型・環境を生き抜くならメタ札はやはり必要か

優勝おめでとうございます!同じく【戦華】を組んでいる身として励みになります。

メインからは新規モンスターである《戦華の暴-董穎》が3枚フル搭載されています。

上級ながら自己特殊召喚ができませんが同じく新規である《戦華史略-矯詔之叛》によって展開する事ができます。

《戦華史略-矯詔之叛》も3積みなので「ディメンション・フォース」での新規は両方とも3ずつ搭載されています。展開とアド源と役割が分かりやすいですねぇ。

「董穎」はサーチ効果に加えて相手の墓地除外を行い1ドローと破格の効果を持っています、アド源かつ墓地対策と非常に優れた新規ですね。

罠としての軸として《スキルドレイン》が3投されており、いわゆる「スキドレ軸」の【戦華】となっています、他の入賞では《魔封じの芳香》型の存在も確認されています。

環境に挑むなら強力なメタカードを張るのがベターという事ですかねぇ。

これらは【戦華】の方にも影響を受けてしまいますが《戦華の孟-曹徳》の自己特殊召喚コストや《戦華盟将-双龍》の効果コストなどで除けてしまう事も可能、それと安定してそうホイホイと引けるとは限りませんからねぇ。

程よいバランスで共存できていますな。

フリーならばメタを積まなくても戦えるのでデュエル場面で構築をしましょう。

EXデッキからは「双龍」が3積み《強欲で金満な壺》が採用されているので飛ばない様にランク4達も複数搭載されています。

サイドからは《冥王結界波》が採用されています、モンスター制圧に対してのアンサーとなってくれます【戦華】だけでは突破しにくい部分ですしね。

それと《獣王アルファ》も搭載、獣戦士族がメインなので腐る事が少なく対象と取らないバウンスは頼りになりそうです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

僕もそろそろ【戦華】を再構築せねば!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大会結果
遊戯王JOY

コメント