『遊戯王大会結果』優勝は【烙印デスピア】サンドラを添えて・環境の一角となれるか

今回は大会結果となります、個人的にも『アルバ・ストライク』を使用したレシピを漁っていたので色々目に留まりますね。

発売したての週末なので握る方も多かったと思います、大抵発売週は入賞などが多めですからね、そこから『アルバ・ストライク』からのデッキが環境の一角となるか見ものです。

今回のストラクはホント強めなので充分有り得るかも?ですね、改訂も控えていますが「アナコンダ」が禁止になってもサーチ体制が厚いので問題は少ないかもしれません。

「サンダー・ドラゴン」も組み込める【烙印】

優勝おめでとうございます!

真っ先に目に飛び込んでくるのは『サンダー・ドラゴン』要素、メインからは《雷獣龍-サンダー・ドラゴン》と《雷鳥龍-サンダー・ドラゴン》を搭載し、EXデッキには《超雷龍-サンダー・ドラゴン》の採用となっていて、合計3枠で出張しています。

メインの2種サンドラは《烙印融合》で素材として墓地へ送る事ができ、属性も光・闇なのでケースによって選ぶ事が可能。

それぞれのサンドラの手札からの効果は「雷獣」が墓地・除外からサルベージ「雷鳥」が墓地・除外から特殊召喚とどちらを素材にしても発動していける様になっています「雷獣」は除外されるとリクルートができ、展開効果も備えています。

デッキ融合後は残ったサンドラを引ければ《超雷龍-サンダー・ドラゴン》に持っていく事が可能「雷獣」が除外されリクルートしたモンスターはエンド時に手札に戻るのでターンを跨ぎますが手札に安定して集める事が可能。

最低限の出張で最大限の効果といった所でしょうか、もっと『サンダー・ドラゴン』要素を強くし【烙印】側が出張する形のデッキも出てきていますね。

『サンドラ』要素だけで結構な事ができますね、最低限からガッツリまで採用できる受けの広さがスゴイですな。

手札補強は《闇の誘惑》が採用されています、相性が良い1枚となっていますね。

【デスピア】要素「アルベル」以外にも「悲劇のデスピアン」が優秀

【デスピア】からは今バズっている《デスピアの導化アルベル》以外にも優秀な《悲劇のデスピアン》が採用されています。

また融合体の効果破壊身代わりかつサーチorリクルートができる《烙印開幕》も強力です。

《デスピアの大導劇神》もデッキからの融合には対応していませんが手札から素材にすれば簡単に出てこれる3000打点のモンスター効果無効持ちと便利ですねぇ。

EXデッキの《ガーディアン・キマイラ》は《赫の烙印》で相手ターンに融合召喚し除去からエスケープしたりカード破壊をして相手を妨害する事ができ更に株を上げた感じですかね。

コメント