『遊戯王新規』《烙印追放》【烙印】にまだまだ新規・融合デッキでの汎用性も

いよいよ今週発売の『ディメンション・フォース』先日の《烙印喪失》に続いて《烙印追放》の新規収録が判明しました。

この《烙印追放》結構強めに思えるんですがどうですかねぇ、おそらくこのカードをデザインしている頃は【烙印】が環境上位に居なかったとは思いますが…

蘇生して融合・相手モンスターも素材に

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の、「デスピア」モンスターまたはレベル8以上の融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分・相手フィールドから、レベル8以上の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

効果は「デスピア」か融合モンスターを蘇生した後にフィールドのみで融合を行うカード。

「烙印」カテゴリにあるので【烙印】【デスピア】ではサーチやセットは簡単に行えます。

キモとなるのは融合素材を相手フィールドから選択できる事、テキストから相手フィールドだけからでも融合できそうですねぇ。

また融合素材は墓地ではなく除外となるのはデメリットに見えて相手モンスターを素材にした場合は相手モンスターを除外となるのでメリット部分も擁しています。

融合召喚できるのはレベル8以上なのである程度限られてはきますが、それでも色々出せそうですね。

《捕食植物ドラゴスタペリア》が汎用性も高く、相手の闇属性モンスターを素材化する事ができます。

また上振れ次第では《デスピアン・プロスケニオン》を狙う大技もありますね。フィールドのみからなので若干厳しい感じはいたしますが…

融合・効果モンスター
星11/光属性/悪魔族/攻3200/守3200
「デスピア」モンスター+光属性モンスター+闇属性モンスター
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、相手の墓地の融合・S・X・リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外するか、自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、高い方の数値分のダメージを相手に与える。

蘇生先の融合モンスターはレベル8以上ですがカテゴリを問わないので融合モンスター蘇生として汎用性が高いです、その後に超融合効果まで使えますからねぇ、融合テーマでも幅広く扱えそうです。

また「デスピア」も蘇生できるので「アルベル」を蘇生する事も可能ですが、ルール上「アルベル」を融合素材にしてしまうと処理中にフィールドから居なくなるので特殊召喚時効果は使えない点に注意です。

デッキ融合に続き《超融合》的なカードまでもらった【烙印】まだまだ躍進は続きそうです。

また融合デッキにおいては汎用性も感じるので持っておきたいカードですな。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

いやはや、しかしとんでもないカードが出てきた気がします。これは【烙印デスピア】に追い風になりそうですな。

しかし蘇生して超融合的効果、コスト無し…要素を切り取ってみるとヤバァァ!

コメント