『遊戯王買取相場』落ち着く「勇者」高騰する「デスピア」関連に「アトラクター」

今回の買取相場、見ていると融合関連のカードが本当に多いですねぇ。

《フュージョン・デステニー》と入れ替わるように登場した《烙印融合》そして強力な汎用融合モンスターである《ガーディアン・キマイラ》に《超融合》先となる各モンスター達。

アドバンテージの稼ぎ方が半端ない《魔玩具補綴》も買うのがしんどいラインまで突入しましたね。

時代は大融合時代に突入しそう

準制限となる《聖殿の水遣い》が大きく下がりました、と言っても1450円買取ですが(汗)

全盛期は2500円買取くらいだったのでこれでも安くなりましたね、「勇者」セットはまだまだ現役でバリバリ出張しそうです。

「アナコンダ」は禁止を免れましたが1400買取と若干落ち着きが見えます、収録パックであるLVP3の再販と《フュージョン・デステニー》禁止で効果適用元が激減したのも要因の1つかもしれませんね、来期環境で流行りそうな【烙印デスピア】とかで見かけますけれどね。

《ディメンション・アトラクター》がついに1200円買取まで上昇、来期は【ふわんだりぃず】を筆頭に見かける事になりそうですね。

そして【烙印デスピア】の台頭によって相性の良いアドバンテージ獲得カードとなる《魔玩具補綴》が1400円買取まで高騰、『アルバ・ストライク』前から《ガーディアン・キマイラ》を出す補助にもなってくれてじわじわと話題でしたがストラク発売でグンと需要が伸びていますね。

《超雷龍-サンダー・ドラゴン》も制限ながら1200円買取と高額、出張や【烙印サンドラ】の登場、そしてEXデッキに余裕があるデッキが《浮幽さくら》で引っこ抜きたいと多方面からお呼びがかかっています。

《烙印融合》が900円買取と相変わらず最新ストラクに封入されているカードなのにスゴイですねぇ。買い逃して急がない方は再録も豪華なので再販を待ちたい所ですね。

《白の聖女エクレシア》は1000円買取とこの辺りを維持していますね、必須ではないけど好みで採用っていった感じですね、やっぱりヤバいのは「アルベル」ですな。

再録漏れが確定した《ウィッチクラフトマスター・ヴェール》が900円買取まで騰がっています。パンプアップとモンスター効果無効を担ってくれるので大事なカードですね。

【マリンセス】の新規カード達も下がるどころか高めで安定していますな。

LVP3の再販により《神聖魔皇后セレーネ》は550円買取まで下落、大分お求めやすくなりました、魔法使い族デッキだととても便利なカードです。

評価がうなぎ登りな《ガーディアン・キマイラ》

《ガーディアン・キマイラ》がレリーフで500円買取に出世したなぁ、実際使うと病みつきになるとても良いカードですね。

その《ガーディアン・キマイラ》と相性が良くセット運用される事も多い《捕食植物ドラゴスタペリア》もウルトラなら700円買取『DPレジェンドデュエリスト編5』にてノーマルでばら撒き再録がありましたが光るとお値段が張りますね流石。

《沼地のドロゴン》が700円買取に《超融合》が流行っているので吸い取って出すカードとして需要が伸びていますねぇ。

コメント