『遊戯王OCG』《ライトローミディアム》ディメンション・フォースに収録

大晦日にカード公開…不意打ち!

『ディメンション・フォース』に《ライトローミディアム》が新規収録されます。

一瞬「ライトロード」と空目しちゃいました…

ゲームボーイ版にオリジナルカードとして登場していた由緒正しいカードの様です。

攻撃を強制させバーンダメージを与える天使

効果モンスター
星2/光属性/天使族/攻 400/守 300
(1):相手バトルフェイズ開始時に、相手フィールドの攻撃表示モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
このカードが自分のモンスターゾーンに存在する限り、このターン、対象のモンスターは攻撃可能な場合、このカードを攻撃しなければならない。
(2):1ターンに1度、このカードが相手の攻撃表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、その相手モンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

相手のバトルフェイズに任意数の相手モンスターに攻撃を強制させる変わった効果。

また相手は《ライトローミディアム》を攻撃しなければなりません。

そして(2)の効果により攻撃を無効にして元々の攻撃力の半分バーンダメージ。こちらの効果は相手のバトルに限定されないのでこちらから仕掛けていく事ができます。

中々にクセが強いモンスターですねぇ、攻撃を強制させるのを利用して《聖なるバリア -ミラーフォース-》などの攻撃反応罠を強引に踏ませていくとかできますね。

装備魔法
(1):このカードの装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
装備モンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの攻撃力と守備力の内、高い方の数値+100になる。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、500LPを払って発動する。
このカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

また《ライトローミディアム》に《月鏡の盾》を装備させると相手をことごとく返り討ちにする事ができます。

ただし相手バトルフェイズ開始時発動なので「バリア」や《月鏡の盾》が見えていると相手はバトルフェイズに入らずにスルーされる可能が高いですね…

《月鏡の盾》であれば《アームズ・コール》を使用すれば罠によるフリーチェーンでデッキから装備が可能なので相手の意表を突く事が可能。

しかしながらこのカードの本質は(2)の効果で自分から殴りに行ってバーンにありそうですね。アグレッシブな方がやはり扱いやすく制御しやすいですからねぇ。

攻撃力3000を攻撃したとすると1500バーンで戦果としては中々の物かと、その後は素材にしたり牽制用で置いておくのも良さそうです。

ただ置いておくと低打点から攻撃され続いて高打点で攻撃されると多大な戦闘ダメージを受けてしまうのでやはりリスキーでもありますな、やはり素材化が丸いかもですね。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

GB版をプレイしてた方から懐かしい!と評判ですね、残りのカードも今後カード化されていきそうな気配を感じます。

コメント

  1. 匿名 より:

    パック名間違えてて草