PR

《X・HERO ヘル・デバイサー》カード考察・脚光を浴びだしたリンクヒーロー

記事内に広告が含まれています。

本日にいつもより遅れてのリミットレギュレーション改訂がありますねぇ。

まぁそれまでは平常運転しますかねぇ。

今回のピックアップは話題のHEROリンクモンスター《X・HERO ヘル・デバイサー》僕自身HEROはよく使うのでこのカード地味にやりおる…と思ってましたがこの感覚は間違いではなかったようです。

《X・HERO ヘル・デバイサー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1700
【リンクマーカー:左下/下】
「HERO」モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
EXデッキの「HERO」融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスターを2体までデッキから手札に加える(同名カードは1枚まで)。
この効果を発動するターン、自分は「HERO」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードのリンク先の悪魔族モンスターの攻撃力・守備力はそのレベル×100アップする。

悪魔族となる「イービル」HEROに分類されるリンクモンスター。

素材にもHERO2体の要求となっているのでほぼHERO専用カードとなっています。

最大2枚のサーチが強力・今のHEROに有り難い効果

強烈なのが(1)の効果ですね、EXデッキから「HERO融合モンスター」を公開する事でそれにカード名が記されている素材を2枚までサーチ。

公開するのは「HERO」ですが素材は「HERO」じゃなくてもOKなのでしっかり「N」などのサーチにも対応しております。

ここしばらくのHERO融合モンスターはカード名が記載されておらず緩い素材指定でしたが「ネオス」関連のHERO新規によってこのカードの効果が非常に活かせる様になりました。

また「2枚まで」なので《E・HERO ネオス》が記されていてネオスだけサーチする事も可能となっており小回りも効いてくれるのが嬉しい。

《E・HERO ネビュラ・ネオス》

融合・効果モンスター
星9/地属性/戦士族/攻3000/守2500
「E・HERO ネオス」+「N・グラン・モール」+「N・ブラック・パンサー」
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、EXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードがEXデッキからの特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドのカードの数だけ自分はデッキからドローする。
その後、フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
(2):エンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、フィールドのカードを全て裏側表示で除外する。

サーチ先の多さと強さを天秤にかけると「ネビュラ・ネオス」がいい味出してくれます。

「グラン・モール」をサーチできるので攻撃時のバウンス効果によって除去が厳しい時に除去札を持ってくる事ができます。

また当然ですが2アド稼ぐ事でこのカード自身の特殊召喚の助けにもなってくれます。

また《E・HERO フレイム・ウィングマン-フレイム・シュート》の登場で《フェイバリット・コンタクト》も扱いやすくなったのでそれらとの相乗効果も期待できます。

「遊城十代」を意識したファンデッキでも「バーストレディ」「フェザーマン」「スパークマン」など様々なサーチ先があります。

「十代」モチーフデッキにリンクであり「イービル」カテゴリであるこのカードを入れるかどうか自体は構築者の判断になりますかねぇ。

スポンサーリンク

「イービル」ならば強力なパンプアップを狙える

(2)の効果も忘れちゃいけません、リンク先の悪魔族モンスターの攻守をレベル×100上昇させる効果があります。

これは「イービルHERO」で使えば高い上昇値を狙う事ができる効果となっています、またパンプアップするモンスターも「悪魔族」とかなり緩めで融合モンスター指定などがありません、メインデッキからの「マリシャス・エッジ」などの強化も望む事ができます。

《E-HERO マリシャス・ベイン》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守3000
「E-HERO」モンスター+レベル5以上のモンスター
このカードは「ダーク・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードは戦闘・効果では破壊されない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊し、このカードの攻撃力は破壊したモンスターの数×200アップする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「HERO」モンスターでしか攻撃宣言できない。

「マリシャス・ベイン」との相性の高さは流石です、攻撃力は3800と非常に高いラインにまで到達し、効果破壊耐性もあるので結構な堅さとなってくれます。

(2)の破壊効果で破壊できるラインも上昇し殲滅力も向上しますね。

コメント

  1. りょ より:

    HERO融合の加護を受けたクルーガーを見せてユベルまでもサーチ可能!

    • ドラゴン隊長 ドラゴン隊長 より:

      ユベルもサーチ可能ですね!融合素材が厳しいほど燃え上がる良いカードですな!