PR

【ラビュリンス】買取強化多し・今期も人気が続きそう・汎用手札誘発も値段が戻りだした

記事内に広告が含まれています。

遊戯王の買取強化で目立つのが【ラビュリンス】改訂の影響も無かったですし、今期もキャラ・実力共に人気デッキとなりそうですね。

《ビッグウェルカム・ラビュリンス》に描かれているキャラクターも新規として登場しそうな気配もありますしね。

スポンサーリンク

【ラビュリンス】人気が止まらない【閃刀姫】クラスのヒットデッキ

白銀の城のラビュリンス

【ラビュリンス】のみならず罠型デッキで頼れる《迷宮城の白銀姫》がウルトラ900円買取・アルティメット1500円買取・シク4000円買取と高額買取されています。

《白銀の城のラビュリンス》はその勢いに押されウルトラ300円買取・シク800円買取となっています。

デッキを動かす重要な罠カードである《ウェルカム・ラビュリンス》がスーパーレア1700円買取とこれまた高額になっていますね。

デッキを支える下級モンスターからは《白銀の城の召使い アリアンナ》がスーパーレア1500円買取となっています。

また「家具型」の流行もあり各種「家具」モンスターがノーマルパラレルで100円買取になってますね。

採用される各「デッキ破壊ウイルス」の高レアリティも高価買取対象になっており《影のデッキ破壊ウイルス》のシクが800円買取・《魔のデッキ破壊ウイルス》がスーパー300円買取・《闇のデッキ破壊ウイルス》がレアリティ問わず100円買取となっています。

現在の遊戯王のデッキとしては高額な部類に入るデッキとなっていますねぇ。

やはり値段が戻ってくる汎用手札誘発達

レアコレなどで再録されて値が下がっては戻るを繰り返す汎用手札誘発カード。

何回も繰り返されてきている現象ですが、今回もその現象が起きています、これだけ再録してもまだまだ足りないって事でしょうねぇ。

《無限泡影》がノーマルで600円買取になっています、レアコレ25で再録されたちょっと後は300円台まで下がりましたが再び以前の値段に戻りましたね。

《灰流うらら》がノーマル700円買取、こちらも再録直後は結構下がったのですがやはり以前の価格に、デッキの数だけ要ると言う程のカードですからねぇ。

《抹殺の指名者》も制限カードながらノーマル300円買取になっています。

また現在の環境で人気な《ドロール&ロックバード》がノーマル300円買取。

《スモール・ワールド》で様々なアクセスとなる《怒炎壊獣ドゴラン》がノーマル300円買取に除去から手札誘発までアクセス範囲を広げれる器用さが人気ですね。

コメント