【蟲惑魔】相性の良さそうなカード・バックに関連したカード

蟲惑魔の森

2022年11月は商品も控えめでしたねぇ、年末年始の嵐の前の静けさとも。

そんな年末商戦の最初の商品「ストラクチャーデッキ蟲惑魔の森」から相性が良いカードを紹介。

バックを守り切るのが重要なテーマとなるのでそこにフィーチャー

スポンサーリンク

《天獄の王》

天獄の王
効果モンスター
星10/闇属性/岩石族/攻3000/守3000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードを相手ターン終了時まで公開する。
この効果で公開し続けている間、フィールドにセットされたカードは効果では破壊されない。
(2):セットされた魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
手札で公開されている状態でこの効果を発動した場合、さらにデッキから魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される。

手札から効果して相手ターン終了時までセットカードが破壊不能に

バックを守ってくれる定番札となっているカード。

【蟲惑魔】ならばランク4を展開できるので《御影志士》からサーチもできるカード。

公開なので効果が通るともう《天獄の王》に触る事ができないのも強み。

「セットカード」なので何気にセットしたモンスターも守ってくれます、そして破壊不能になるのは相手カードにも及ぶのでその点に注意。

発動タイミングがメインフェイズで発動を伴うのでスペルスピード2以上での破壊効果だとチェーンされて狙われる隙はあります。

しかし通常魔法で大量破壊である《ハーピィの羽根帚》や《ライトニング・ストーム》といったクリティカルなカードには当たらなくなります。

セットカードを発動すると特殊召喚・公開状態ならばデッキから魔法・罠をセット

セットした魔法・罠カードを発動すると特殊召喚できます、攻守3000はアタッカー・堅い壁となってくれます。

手札から公開状態だとデッキから魔法・罠をセットできるボーナスが付きますが、セットカードの破壊耐性は外れてしまいます。

最短で狙うなら手札から公開し、通常魔法をセットしてそのまま発動すればそのターンに展開・デッキからセットが可能。

《迷宮城の白銀姫》

迷宮城の白銀姫
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守2900
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「迷宮城の白銀姫」以外の「ラビュリンス」カードの効果または通常罠カードが発動した自分・相手ターンに発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):自分フィールドにセットされたカードが存在する限り、このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(3):通常罠カードが発動した時に発動できる。
そのカードとはカード名が異なる通常罠カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。

絶賛人気テーマである【ラビリンス】から力を借りるのも手。

上述の《天獄の王》とのセット運用も強力です。

セットカードの発動に反応して特殊召喚

通常罠を発動すると特殊召喚が可能、セットカードが存在すると対象耐性・効果破壊耐性を持つ攻撃力3000・守備力2900と非常に堅牢。

通常罠カードを発動するとデッキから通常罠をセット

通常罠を発動するとデッキからカード名の違う通常罠をデッキからセット。

【蟲惑魔】だと多彩な「落とし穴」で相手にプレッシャーを与えていく事ができます。

効果の注意点としては通常罠に直接チェーンする必要があるので自分の通常罠が発動し、相手に優先権が渡って相手にチェーンがあると発動できない点。

コメント