PR

【GP(ゴールド・プライド)】主にEXデッキのカード考察「ワールドプレミアパック2023」

記事内に広告が含まれています。

「ワールドプレミアパック2023」で来日するテーマ【GP(ゴールド・プライド)】このテーマのEXデッキカードにフィーチャーしていこうと思います。

融合・シンクロ・エクシーズ・リンクと多岐にわたる特殊召喚が特徴となっています。

公式情報ソースは「遊戯王.jp」からどうぞー

スポンサーリンク

EXデッキモンスターの共通効果

このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):にそれぞれの固有効果
自分のLPが相手より少ない場合に追加の効果。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、自分のデッキ・墓地から(特定のモンスター)1体を特殊召喚する。

EXデッキに入るモンスターは上記の効果をテンプレートとしています。

自分のライフが相手より少ないと追加効果があるので積極的にライフ差を生み出したいですね。

またエンドフェイズにはデッキに戻してから指定モンスターを蘇生・リクルートする事ができます。

融合モンスター《GP-PB(ゴールド・プライド-ピン・ボーラー)》

融合・効果モンスター
星9/闇属性/機械族/攻3000/守 0
「GP-RB」+「GP」モンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが融合召喚した場合に発動できる(自分のLPが相手より少ない場合、この効果の発動と効果は無効化されない)。
その融合素材とした数まで、相手フィールドの表側表示モンスターを装備カード扱いでこのカードに装備する。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、自分のデッキ・墓地から「GP-RB」1体を特殊召喚する。

融合モンスター枠となるカード、融合素材には《GP-RB(ゴールド・プライド-ローラー・ボーラー)》と「GP」モンスターと専用的な素材要求になっています。

融合召喚する事により素材の数まで相手モンスターを装備カードとする事ができます、対象を取らない装備カード化は避けづらい結構な除去力となっています、ライフが相手より少なければ発動・効果共に無効化されないので安全に通す事ができます。

素材となる《GP-RB》自体がお互いのメインフェイズに融合効果を持っているので相手ターンにも融合が可能となっているのでプレッシャーは中々のもの。

エンドフェイズにセルフバウンスする事により《GP-RB》を再着地させ、再び融合召喚を構えるというプレイングをする事もできます。

シンクロモンスター《GP-スター・リオン》

シンクロ・効果モンスター
星6/光属性/雷族/攻2000/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はそのモンスターの元々の攻撃力分アップする。
自分のLPが相手より少ない場合、さらに対象のモンスターを破壊できる。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、自分のデッキ・墓地から「GP-リオン」1体を特殊召喚する。

シンクロモンスター枠、レベル6で素材に指定はありません。

お互いのメインフェイズに発動可能な効果、対象のモンスターの元々の攻撃力分自身の攻撃力を上げる効果、元々とは言え半減などが無い上に適用時間も永続となっています、対象次第では自身の2000に加えてかなりの打点を狙う事ができます、相手ターンでも発動可能ですがメインフェイズに限るので使い所を考えたい所。

しかしライフが相手より少ない場合での追加効果が対象としたモンスターを破壊する除去として働いてくれるので大型の耐性・無効効果持ちなどが出てくる前になんとかなるやもです。

セルフバウンスでの展開先は《GP-リオン》蘇生効果を持つチューナーかつこのカードも相手ターンにシンクロできる効果を持っているのでこのカードの出し直しが可能、蘇生を使ったターンには「GP」縛りが発生しますが相手ターンにシンクロを狙えば問題ありませんね、他のシンクロプランにシフトできます。

エクシーズモンスター《GP-チャリオット・キャリー号》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/水族/攻1900/守2700
レべル3モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「GP」魔法カード1枚を手札に加える。
自分のLPが相手より少ない場合、さらにデッキから「GP」モンスター1体を墓地へ送る事ができる。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、自分のデッキ・墓地から「GP-キャプテン・キャリー」1体を特殊召喚する。

エクシーズモンスター枠からはランク3で登場、素材指定はありません。

素材を取り除く事で「GP」魔法カードをサーチ、取り敢えずで出したい感がありますね、ライフが相手より少ないと「GP」モンスターをデッキから墓地へ送れるので様々な備えにする事ができます。

《GP-リオン》がチューナーでレベル3なので多用途に使い分ける事ができますな。

「GP」モンスターをサーチできる《GP-ベター・ラック》をサーチすればモンスターサーチに繋げる事が可能でEXデッキに戻せば1ドローとアドバンテージを大きく取っていく事ができます。

セルフバウンスでの展開モンスターは《GP-キャプテン・キャリー》でこちらは「GP」罠カードをサーチする事ができます。

リンクモンスター《GP-Nブラスター》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/炎族/攻2300
【リンクマーカー:上/下】
レベルが異なる「GP」モンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。
自分のLPが相手より少ない場合、さらにそのモンスターの前・後・隣のゾーン(モンスターゾーン・魔法&罠ゾーン)のカードを全て破壊できる。
(2):このカードの(1)の効果を発動したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードをEXデッキに戻し、自分のデッキ・墓地から「GP-Nヘッド」1体を特殊召喚する。

リンクモンスターからはリンク2で登場、素材はレベルが違う「GP」モンスター2体。

効果は対象としたモンスターの破壊とシンプルなものですがライフが少ない場合の追加効果が隣接するゾーンのカードを全て破壊する事ができます。

リンクモンスターなので蘇生やリンクマーカー先以外で召喚する場合は基本EXモンスターゾーンに出す事となります、後ろのカードは自分のカードになるので置き場所注意。

ライフ差による追加効果の方での除去は対象を取らない効果となっているので上手く使えると結構な戦果をあげてくれそうです。

セルフバウンスでの展開先は《GP-Nヘッド》レベル8の最上級モンスターで相手フィールドにトークンを出してそれに隣接するエリアのカードを破壊する効果を持っています、これまた相手メインフェイズに使えるので相手は動きづらくなるでしょう。

この手の効果にあるトークンを汎用リンク素材に使われてしまう現象もトークンがリンク素材にできないようになっているので安心。

コメント