PR

新規カード《ヴォルカニック・エミッション》サーチ・サルベージとバーンダメージのモードを持つ罠

記事内に広告が含まれています。

デュエリストパック「爆炎のデュエリスト編」に収録される【ヴォルカニック】新規の罠カード《ヴォルカニック・エミッション》

これまた便利そうな罠が登場しますねぇ。

スポンサーリンク

《ヴォルカニック・エミッション》

ヴォルカニック・エミッション

通常罠
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる
(このカード名の以下の効果はそれぞれ1ターンに1度しか選択できない)。
●デッキから「ヴォルカニック」モンスター1体を選び、手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに手札に戻る。
●フィールドの炎族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
自分フィールドのモンスターを対象として発動した場合、この効果で与えるダメージは半分になる。

2つのモードがあり、1ターンに各モードをそれぞれ1度使用する事ができます。

「ヴォルカニック」モンスターをサーチ・サルベージするモードについて

1つ目の効果は「ヴォルカニック」モンスターのサーチor召喚条件を無視してのリクルート。

リクルート先としては展開時に「ヴォルカニック」カードをサーチできる《ヴォルカニック・トルーパー》を用いればサーチから更に広範囲なサーチへ繋ぐ事ができます。

またアタッカーとしては《ヴォルカニック・デビル》が強烈、新たなエースである《ヴォルカニック・エンペラー》も存在しますが、「エミッション」の効果で特殊召喚すると効果が1つ使用できなくなります。

エンドフェイズに手札に戻るのを見越してデッキから持ってきておくのもアリでしょうかね。

《ヴォルカニック・デビル》

特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/炎族/攻3000/守1800
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の「ブレイズ・キャノン-トライデント」1枚を墓地へ送った場合に特殊召喚できる。
(1):相手バトルフェイズ中、攻撃可能な相手の攻撃表示モンスターはこのカードを攻撃しなければならない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
相手フィールドのモンスターを全て破壊し、破壊した数×500ダメージを相手に与える。

バーンダメージを与えるモードについて

もう1つの効果はバーンダメージを与える効果、バーンダメージはフィールドの炎族を参照して対象としたそのモンスターの元々の攻撃力バーン。

自分フィールドから対象に取った場合はバーンダメージは半分になります、対象が炎族なので相手盤面にそうそう都合よく居る事もないので主に自分フィールドから対象を取っていくかと。

相手フィールドを参照したい場合は「壊獣」や「ラヴァ・ゴーレム」感覚で相手に押し付けれる《ヴォルカニック・クイーン》を併用すると2500のバーンが可能となりますね。

《リプロドクス》《DNA改造手術》などで種族を変更するコンボも考えられますがこれだけの為に…というはちとやり過ぎかなぁと。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

基本的に上のサーチ・サルベージ効果で十分にアドを稼げますね。

コメント