あと1枠チョイスしやすい《虚無空間》安定感は低いけど決まると強い

一昨日はあったかいくらいだったのですが、今日になって雪が降るとかいう謎気象で気力をもっていかれます(;^ω^)

現在でも制限カードに指定されている特殊召喚メタ札《虚無空間》無制限で供給も少なかった9期初期はお高いカードでしたねぇ(遠い目)

制限カードかつ自壊により安定性が低いですがここぞと言う場面では流石の制圧力を誇ります。

スポンサーリンク

採用が控えめになりつつあるけど緩和はできないかも

《虚無空間》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いにモンスターを特殊召喚できない。
(2):デッキまたはフィールドから自分の墓地へカードが送られた場合に発動する。
このカードを破壊する。

環境での採用率は低下傾向にありますが、この手のカードは緩和すると危険度が高そうですな。

お互いに特殊召喚を縛る永続罠というシンプルなメタカード、デッキ・フィールドからカードが墓地へ送られると自壊します。

手札誘発モンスターでは自壊しませんが、こちらが通常魔法などを使うと自壊してしまいます、自壊しやすいので維持を考えず、私は「ちょっと待った!」感覚で使う事が多いですね。

《マクロコスモス》で墓地へカードが行かない様にすれば維持が可能に《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》で守る「虚無ビートル」といった戦法もあります。

よく効く使い方はやはり「融合」魔法や蘇生札といった特殊召喚効果にチェーンして発動し、不発に追いやる事ですね。

また「壊獣」が怖い場合でも相手が《虚無空間》に触れなければ封じる事ができます。

たしか9期初期で流行したのは【シャドール】対策&【シャドール】側も使うといった感じでしたかねぇ、このカードが無制限だったのはヤバかったですヘイトもめちゃ高かったですからね。

自壊するのも自分のターンが回ってくるとわざと自壊させ展開する、といった使用方法も戦略の1つ、シンプルなテキストながら使い方いろいろなカードですね(*’ω’*)

コメント