PR

新規カードにより《希望の魔術師》が再評価・ジワリと高騰中

記事内に広告が含まれています。

《覇王龍ズァーク》関連の新規カードが公表されましたね。

それらの新規に合わせて《希望の魔術師》が注目されています。

今まではエクシーズ型の【月光】が使用するくらいに留まっていましたが、新たな「ズァーク」デッキで見かける事が増えるかもですね。

《希望の魔術師》

希望の魔術師

エクシーズ・ペンデュラム・効果モンスター
ランク4/光属性/魔法使い族/攻2500/守2000
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
レベル4モンスター×2
レベル4がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
手札からレベル7以下のPモンスター1体を効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
その後、表側表示のこのカードを自分のPゾーンに置く事ができる。
(2):このカードがP召喚に成功した場合、自分の墓地のPモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。

Vジャンプ(2018年6月号)の付録カードとして登場したカード。

今回重要となるのはこのカードのステータス。

ペンデュラム魔法使い族・攻撃力2500というのがポイントとなっています。

《覇王天龍の魂》

覇王天龍の魂

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの元々の攻撃力が2500の魔法使い族Pモンスター1体をリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・EXデッキ・フィールド・墓地のモンスターを融合素材として除外し、
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚する。
自分の除外状態の「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターがそれぞれ存在する場合を除き、この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

新規カードとなるカード、コストとして攻撃力2500の魔法使い族ペンデュラムモンスターを要求されます。

なので《希望の魔術師》をコストとして充てがう事が可能となっています、《アストログラフ・マジシャン》や新規である《覇王門の魔術師》もコストとして使う事ができますが、ランク4モンスターでもコストにできるのは利便性が高そうですね、魔術師だとランク4も出しやすいですし。

《ペンデュラム・エボリューション》

ペンデュラム・エボリューション

永続魔法
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札からPモンスター1体をデッキに戻して発動できる。
戻したモンスターとはカード名が異なる攻撃力2500のPモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):自分がEXデッキの裏側のPモンスターを特殊召喚したターンの自分メインフェイズに発動できる。
モンスターのP召喚を行う。
(3):自分フィールドの「覇王龍ズァーク」1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

こちらも新規カードの《ペンデュラム・エボリューション》EXデッキの裏側Pモンスターを特殊召喚すれば追加でペンデュラム召喚が可能となっています。

ここでもランク4で特殊召喚しやすい《希望の魔術師》の使いやすさが光ります。

また《希望の魔術師》の効果でPモンスターを手札から特殊召喚しながら《希望の魔術師》をペンデュラムスケールに置く事ができ、スケール確保要員としても優秀。

スポンサーリンク

ジワりと高騰中

買取価格が500のショップもありますね。

パックが発売されるのが2023年7月とまだ遠いですが既に市場は少し動き出しています。

コメント