PR

遊戯王買取相場・需要高まる《トランスコード・トーカー》や《アサルト・シンクロン》

記事内に広告が含まれています。

遊戯王の買取情報、今ホットなカードとなるのは《トランスコード・トーカー》でしょう。

【斬機】や【転生炎獣】と今話題のデッキで採用されるカードとなっており、再録もありませんからねぇ。

スポンサーリンク

需要集まる《トランスコード・トーカー》

トランスコード・トーカー

《トランスコード・トーカー》が800円買取になっています。

まだ再録が1度もありませんからねぇ。

《トランスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/右/下】
効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが相互リンク状態の場合、このカード及びこのカードの相互リンク先のモンスターの攻撃力は500アップし、相手の効果の対象にならない。
(2):「トランスコード・トーカー」以外の自分の墓地のリンク3以下のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はサイバース族モンスターしか特殊召喚できない。

サイバース族リンクモンスターの蘇生効果を持つカード。

【コードトーカー】のみならず【斬機】や【転生炎獣】といったサイバース族デッキで人気のカード、これらのデッキも今アツいデッキですからね。

《アサルト・シンクロン》落ち着いてたが再び元の値段くらいに

《アサルト・シンクロン》が500円買取に、少し前は大分落ち着いて安くなっていたのですが、再びこれくらいの値段になっています。

《レボリューション・シンクロン》の登場により【勇者シンクロン】などの登場により「シンクロン」セットの需要増の影響かと思われます。

《ガーディアン・キマイラ》も【キマイラ】の登場で再び需要が上がり500円買取に同じく相性の良い《魔玩具補綴》も500円買取になっています。

ランク4のお供《荒魂》ランク4のファーストチョイス「バグースカ」

《幸魂》の登場により一躍高額カードとなったランク4のお供《荒魂》1000円買取とまだまだ高額。再録されないとまだ騰がるんでしょうかねぇ。

そしてランク4のファーストチョイスとも言えるカード「バグースカ」も600円買取となっています。

コメント