輝石のデュエリスト編・3人目はイシズ!《絶望と希望の逆転》など|遊戯王OCG

スポンサーリンク

『デュエリストパック 輝石のデュエリスト編』不明だった3人目のデュエリストは「イシズ」姉さまと判明しました。

これまた意外な所から来ましたねぇ。

スポンサーリンク

《宿神像ケルドウ》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1200/守1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「現世と冥界の逆転」またはそのカード名が記されたカード1枚を手札に加える。
(2):自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、この効果の対象は3枚までとなる。

《現世と冥界の逆転》に関連した効果を持つモンスター。

特殊召喚によりそれが記されたカードをサーチする事ができます。

《現世と冥界の逆転》本体や《絶望と希望の逆転》に今回登場する各モンスターにアクセスする事ができます。

墓地から除外することでお互いの墓地のカードをデッキに戻す事が可能《現世と冥界の逆転》を参照して枚数が変動するので《現世と冥界の逆転》に早い内にアクセスしたい所でしょうか。

また今回の新規は地属性なので『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』で収録される【春化精】とのシナジーも注目したいところですね。

《剣神官ムドラ》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他の天使族・地属性モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、デッキから「墓守の罠」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。
(2):自分・相手ターンに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、自分・相手の墓地のカードを合計5枚まで対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻す。
自分のフィールド及び墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、この効果の対象は3枚までとなる。

「ケルドウ」と類似効果のモンスター。

こちらはデッキから《墓守の罠》を置く事ができます。

その他は「ケルドウ」と同じ仕様となっております。

《古衛兵アギド》

効果モンスター
星4/地属性/天使族/攻1500/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札・デッキからカードが相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「古衛兵アギド」以外の天使族・地属性・レベル4モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
(2):このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合に発動できる。
お互いのデッキの上からカードを5枚墓地へ送る。
その後、自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、自分または相手のデッキの上からカードを5枚墓地へ送る事ができる。

手札・デッキのカードが相手墓地に送られると自己特殊召喚できるモンスター。

「イシズ」デッキの戦法ならば能動的に狙っていけそうですね、また相手の手札誘発などでも反応する事ができます。

特殊召喚されると墓地の下級地属性天使を蘇生。

また自身が手札・デッキから墓地へ送られるとお互いのデッキトップ5枚を墓地送り《現世と冥界の逆転》を参照し更に追加で墓地へ送る事ができます。

《絶望と希望の逆転》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに天使族・地属性モンスターが3体以上存在する場合に発動できる。
フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。
その後、お互いはこの効果でそれぞれ相手の墓地へ送られたモンスターの数まで、相手の墓地からモンスターを選んで自身のフィールドに特殊召喚できる。
自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する場合、さらに自分はデッキから罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットできる。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

自分フィールドに地属性天使3体となかなか重い条件を指定されていますが効果は全てのカードを墓地送りと強烈な物。

その後の処理としてお互いに墓地へ送られたモンスターの数まで相手の墓地からモンスターを蘇生。

発動条件的に3体は確定ですね、このままではかなり難しいカードですねぇ。

相手に墓地から特殊召喚を封じさせる《墓守の罠》とコンボさせたいですな。

《墓守の罠》

永続罠
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在する限り、相手は墓地のカードの効果を発動できず、墓地のモンスターを特殊召喚できない。
(2):お互いのメインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「墓守」モンスターまたは天使族・地属性モンスター1体を手札に加える。
(3):このカードが表側表示で存在する場合、相手ドローフェイズのドローの前に、カード名を1つ宣言して発動する。
通常のドローをしたカードを確認し、宣言したカードの場合、墓地へ送る。

《現世と冥界の逆転》を参照して相手の墓地効果・蘇生を封じる罠カード。

手札を捨てる事により「墓守」または地属性天使族をサーチ。

手札に来た《現世と冥界の逆転》を捨てて(1)の効果を適用させたり墓地肥やし「アギド」の特殊召喚を狙ったりと手札コストでも色々できそう。

相手のドローカードを的中させるとそのカードを墓地へ送らせる事ができます。

《運命の抱く爆弾》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
自分の墓地に「現世と冥界の逆転」が存在しない場合、さらに自分は相手が受けたダメージと同じ数値分のダメージを受ける。
(2):このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合、自分の墓地の天使族・地属性・レベル4モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

攻撃反応のトラップ、攻撃モンスターではなく一番打点の高いモンスターを破壊してその分バーンとなっています。

対象を取らない破壊かつ高打点モンスター分のバーンなので攻撃反応らしく大きなリターンを狙えそうですね。

《現世と冥界の逆転》が墓地に存在しないとバーンは自分にも飛んできます。

またこのカードが手札・デッキから墓地へ送られると下級地属性天使族モンスターをサルベージ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新着情報
遊戯王JOY

コメント