遊戯王大会結果・太陽CS「P.U.N.K.」出張が優勝・入賞・幻影騎士団やセリオンズ

スポンサーリンク

今回は大会結果となります。

2022.4リミットレギュレーション改定後の環境初期となりますね。

結果を見てみると「P.U.N.K.」が大躍進しています、新たな出張セットとして定着するでしょうか。

しかし新規も控えていて純構築も捗る凄まじいテーマになりましたねぇ。

スポンサーリンク

【セリオンズ】や【幻影騎士団】に出張

幻影騎士団

【P.U.N.K.幻影騎士団】

《No.86 H-C ロンゴミアント》システムは不採用となっています。

「P.U.N.K.」ギミックによりシンクロが可能となり《混沌魔龍 カオス・ルーラー》とランク8である《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》が採用されています。

これらは今までは見られなかったカードですね「カオス・ルーラー」による墓地肥やしと「P.U.N.K.」によるメインからレベル8モンスターの採用はデッキの構成などを大きく変えそうな力ですね。

メインから《No-P.U.N.K.オーガ・ナンバー》で2500打点を用意できるのも心強そうです。

《緊急テレポート》からのレベル3供給でアドを稼げるのも良きですな、そして3軸「未界域」達によって手札を回して行くことも可能です。

新たな【幻影騎士団】の今後に注目ですね。

【P.U.N.K.セリオンズ】

ダブルで優勝となった【P.U.N.K.セリオンズ】「セアミン」高騰のきっかけとなったのはそもそも【セリオンズ】や【アダマシア】に採用されて話題になりだしたからですね。

その時の事を記事にしているのでよければどうぞー。

召喚権が余るテーマなので「セアミン」をそのまま起点にする事も。

チューナーなので「ハリファイバー」になる事ができ《フォーミュラ・シンクロン》は機械族なので「キング・レギュラス」ともシナジーしつつ《フルール・ド・バロネス》に繋ぐ事もできますね。

他にも「セレーネ」「ヴェーラー」からの《アクセスコード・トーカー》システムも搭載。

シンクロ・エクシーズ・リンクをバランス良く採用でき対応力の高いEXデッキを作れるのが魅力的ですねぇ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

まだまだ新環境初期ですね、この先どうなっていくか注目ですね。個人的に【神碑】がどのくらいまでいくか気になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
大会結果
遊戯王JOY

コメント