遊戯王大会結果:ランキングデュエル優勝に【R-ACE】

スポンサーリンク

新規の登場により大会環境でも現れだした【R-ACE】僕も組んで回していますが普通に強いですねぇ。

むしろ新規が来る前から結構パワーあった説ありますな。

新規によって得た安定性の向上がトーナメントシーンにガッチリ合った感じですね。

スポンサーリンク

ベーシックな準構築での優勝

汎用カードを採用されているくらいで構築としては純構築になっています、基本混ぜもので光る部分が少ないですからね、上級以上が多いので手札事故も起こりやすいですし。

リリース除去要員からは《倶利伽羅天童》が採用されています、最近見かける事が増えましたねぇ。

EXデッキ・《沼地のドロゴン》で防御と「ハイドラント」を展開

《沼地のドロゴン》

融合・効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1900/守1600
同じ属性で種族が異なるモンスター×2
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカード及びこのカードと同じ属性を持つフィールドのモンスターを効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、属性を1つ宣言して発動できる。
このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

《プロキシー・F・マジシャン》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイバース族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
効果モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
(2):このカードのリンク先に融合モンスターが融合召喚された場合に発動できる。
手札から攻撃力1000以下のモンスター1体を特殊召喚する。

EXデッキは基本的に汎用リンクモンスター達が採用されています。

その中で《沼地のドロゴン》を使用したギミックが採用されています、融合召喚する方法は《プロキシー・F・マジシャン》で行えます。

《沼地のドロゴン》によって炎属性を宣言すれば相手は【R-ACE】モンスターを効果対象にする事ができなくなりますね。

また《プロキシー・F・マジシャン》のリンク先に展開する事によって手札から《R-ACEハイドラント》を展開する事ができます、ちょいちょい召喚権が厳しくなるのでこれは嬉しい効果。

コメント