PR

遊戯王買取相場・字レア・ノーマル編【ワイト】カードが非常に高額《魔獣の懐柔》も人気

記事内に広告が含まれています。

遊戯王買取相場、今回は字レア・ノーマルにフィーチャーしていきます。

なんやかんやで再録が少なかったり、供給量が少ないカードで需要が出ると高くなる世界、やはり需要と供給で成り立っていますからねぇ。

特に目を引くのが《ワイトプリンス》といった【ワイト】の必須クラスカードや《魔獣の懐柔》といったローレベル獣族で非常に心強い味方となるカードですね。

どちらも需要は限定的ですが使うならば是非とも欲しいカードなのでそこで高額カードとなっています。

スポンサーリンク

《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》や《荒魂》人気の高い字レア・ノーマルカード

《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》

高価ノーマル系の買取相場、昨今は【粛声】需要の増加で《古聖戴サウラヴィス》の高レアが高いですが再録の字レアでも200円買取と値段がついています。

光・闇属性デッキならばチューナー不要と異例のシンクロモンスター《カオス・アンヘル-混沌の双翼-》が200円買取、除外による腐りにくい除去を持ち、耐性付与も狙っていける強力なカード、何故字レアなのか…危険因子になるかもだからか…といったカードですね。

《破械神ラギア》が50円買取、「破械神」指定が外れ悪魔族素材指定の《破械神ヤマ》の登場により使いやすくなったカード、相手モンスターを巻き込んでリンク召喚はやはり強力。

《荒魂》が500円買取、全盛期は1000円買取くらいしていましたが大分落ち着きましたかね、それでもお高いので再録をですね…

《魔獣の懐柔》や《ワイトプリンス》高額な状態が続いている

魔獣の懐柔

《中生代化石騎士 スカルナイト》が100円買取、EXデッキから墓地へ送る《天底の使徒》が無制限になりよく使われていますね、墓地から除外しての起動効果で除去できるのでタイミングを選べるのが強み。

《No.29 マネキンキャット》が450円買取、ランク2カードで人気の1枚、相手墓地のモンスターを蘇生させてあげる代わりに特殊召喚したモンスターと同属性か同種族を展開でき状況が合えば便利なカードですね。

《ワイトプリンス》が800円買取、《ワイトメア》が600円買取と高額になっています。回転しだすととんでもない火力を誇り根強いファンが多い【ワイト】デッキの必須級カードですな。

《影霊衣の反魂術》が250円買取、【ネクロス】が登場し流行した時に猛威を振るったカード、当時墓地からも儀式可能は革命的でした、サーチ効果もあり流行時は制限カードにまで指定された経験があります。

ローレベル獣族デッキで頼もしいカード《魔獣の懐柔》が600円買取となっています、3体のリクルートは非常に強烈な効果となっており、【メルフィ―】といった明確に活用できるテーマの登場の影響も大きいですね、カードプールが今後広がりローレベル獣族デッキが増えるとまた需要が上がりそうです、その頃には再録されてそうですが(汗)

下級バニラモンスターをリクルートできる《予想GUY》が100円買取、初登場時はノーレアで需要もそこそこあったので結構高額でした、再録された現在でも強化買取になっているのがその証拠でもありますね。

《融合派兵》が200円買取、トーナメントパックでの再録で少し落ち着きを見せたカード、新旧問わず素材モンスターが指定されている融合デッキで人気の1枚。

コメント