PR

《六花のしらひめ》《六花来々》【六花】を大きく強化する新規カードが登場

記事内に広告が含まれています。

今回の『パワー・オブ・ジ・エレメンツ』での既存テーマ新規枠となった【六花】近年の既存ビルドパック新規は良いカードが貰える傾向ですね。

これを見越してデッキビルドパックのテーマは出てすぐ評価を下すには早い感じになりましたね。

スポンサーリンク

《六花のしらひめ》

六花のしらひめ

効果モンスター
星4/水属性/植物族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに「六花」モンスターが存在し、相手がモンスターの効果を発動した時、手札・墓地のこのカードをデッキに戻し、自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
その発動した効果を無効にする。

(1)は特殊召喚効果ですが条件などが指定されておらず簡単に特殊召喚する事ができます。

この効果で特殊召喚したこのカードが存在する限り植物族縛りが発生しますが【六花】ならばさほど気にならないでしょう、植物族がメインのデッキでも使えそうですね。

(2)は「六花」モンスターをコントロールしていて相手モンスター効果が発動すれば手札・墓地から自身をデッキバウンスし自分の植物族モンスターをリリースする事で効果を無効化。

手札からの発動だと2枚消費でアド損となるので「しらひめ」を展開して素材にして墓地からデッキに戻しての運用が基本となりそうです。

《六花来々》を置いておけば相手をリリースしてモンスター効果無効となりアドバンテージ無双となります。

緊急時としては手札からも視野ですね、手札からだと奇襲性が高まるのでクリティカルヒットする場面があったりしそうですね。

非常に簡単な特殊召喚条件とモンスター効果無効と非常に優れたモンスターカードと言えるでしょう。

《六花来々》

六花来々

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「六花」モンスターが存在する場合に発動できる。
デッキから「六花」魔法・罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):1ターンに1度、自分が「六花」カードの効果を発動するために自分フィールドの植物族モンスターをリリースする場合、自分フィールドの植物族モンスター1体の代わりに相手フィールドの表側表示モンスター1体をリリースできる。

【六花】にもお強いフィールド魔法が来々。

このカード自体はテーマ内なら《六花精ボタン》にてサーチが可能、汎用定番からは《テラ・フォーミング》の出番ですね、また相手モンスターをリリースコストにする効果の都合上相手ターンで発動しても旨味があるので罠である《メタバース》でアクセスしてみるのも良さそうです。

「六花」モンスターが存在すれば「六花」魔法・罠をデッキからセット、特殊召喚に植物族縛りが発生します。

デッキから「セット」する効果なので《灰流うらら》に引っかかりません。

維持できれば毎自ターン発動できるので除去されなければアドバンテージ獲得源となってくれます。

(2)の効果は「六花」の効果発動のコストとして植物族をリリースする際に代わりに相手モンスターをリリースが可能になる効果。

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》を彷彿とさせますねぇ。

上述の同時収録新規の《六花のしらひめ》だと相手モンスターをリリースしてモンスター効果無効とエグい事が可能となります。

【六花】はコストでリリースが多いのでこのカードの登場による相手リリースは非常に頼りになりそうです、コストでリリースという除去は非常に避けられ辛いですからね。

コメント