【ドラグマ】新規・儀式《凶導の白聖骸》と《凶導の葬列》相手のEXデッキを破壊

『バトル・オブ・カオス』にて【ドラグマ】に新規カードが収録されます。本当に様々なテーマのカードが収録されますね。

前回の《凶導の白騎士》に続き儀式での新規となります、フルルドリスもエクレシアも居なくなった教導国家、どうなってしまったのでしょうか。【デスピア】とのストーリー関連性も気になる…ここは『マスターデュエル』のストーリーモードで詳しく明かされるといいですねぇ。

スポンサーリンク

新たな聖女?EXデッキ破壊とパンプアップ

儀式・効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻 500/守2500
「凶導の葬列」により降臨。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
その内1体の攻撃力を、もう1体の攻撃力分アップする。
(2):レベル8以上の自分の「ドラグマ」モンスターは戦闘では破壊されない。
(3):相手のEXデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る。

イラストとなる人物は《ドラグマ・ジェネシス》に登場する少女かと思われます。新たな聖女と任命されたようですが、カード名の「骸」の文字がただならぬ事態を想像させます、また「アルバス」の名を冠していますね。

レベル4と下級モンスターで儀式召喚が可能、前回の《凶導の白騎士》がフルルドリスの鎧で今回はエクレシアの後任?となっています。居なくなった彼女らを補填しようとしているのでしょうか。

モンスター効果としてはパンプアップ効果、相手フィールドからも対象にでき、自身も対象に取れるので戦闘突破が可能となりますね。

ターン1が無いのでこのカードを複数回儀式召喚できれば凄まじい打点を叩き出せる事も。

(2)は最上級の「ドラグマ」モンスターに戦闘破壊耐性を付与。《教導の大神祇官》や《教導の騎士フルルドリス》がを戦闘から守る事ができます。

(3)の効果は相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚すると相手EXデッキを確認して1枚墓地送り。連続シンクロを行うデッキとかだと手が止まってしまいますね…制限である「アーゼウス」なども引っこ抜いて安心できます。

儀式魔法
「ドラグマ」儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地の融合・Sモンスターを除外し、
自分の手札・墓地から「ドラグマ」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
その後、フィールドに「凶導の白騎士」及び「凶導の白聖骸」が存在する場合、自分または相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。

これまた不吉な名前の儀式。

新たな儀式魔法、リリースの代替として自分墓地の融合・シンクロモンスターを除外して儀式召喚も可能となっています。

「凶導の白騎士」「凶導の白聖骸」が揃っていると自分か相手のEXデッキから墓地送り。《凶導の白聖骸》の(3)の効果と組み合わせれると非常にエグいEXデッキ破壊が可能となりますねぇ。

これからの【ドラグマ】は儀式軸になっていくのでしょうか。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント